狂った画家の精神世界を描くサイケデリックホラー「Layers of Fear」のiOS対応が国内向けにアナウンス、発売は10月31日

2019年10月21日 17:08 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Layers of Fear」

本日Bloober TeamとDMM GAMESが、傑作を描き上げる妄執に取り憑かれた画家の狂気が生んだ、美しくも恐ろしい精神世界を探索する傑作ホラー「Layers of Fear」のiOS対応をアナウンスし、2019年10月31日の配信に先駆け、国内App Storeにて予約の受付けがスタートしました。

また発表に併せて、iOS版“Layers of Fear”のゲームプレイを紹介する日本語字幕入りのアナウンストレーラーが登場しています。

iOS版“Layers of Fear”の商品概要

  • アプリ名:LAYERS OF FEAR
  • 配信プラットフォーム:App Store
  • ジャンル:サイケデリックホラーアドベンチャー
  • 価格:980円

深淵の闇の中激しく降り続ける雷雨の音とともに、一人の男性の足音が一歩、また一歩と進んでいく。
ふと辺りが明るくなると、ビクトリア様式の屋敷の玄関に佇んでいた。屋敷内は生活感があるものの人の気配が全くしない、異様な雰囲気だった。
探索するにつれ、どうやら家族で住んでいること、ここの主人は画家であることはわかった。

しかし、謎は深まる一方だった。

家族はどこにいったのか?
自分は一体誰なのか?
なぜ自分はここにいるのか?

それらの謎を解き明かすには、屋敷の探索を続けるしか方法はなかった……。

行動のひとつひとつがすべてストーリーに影響する、臨場感あふれるゲームです。
人生同様、自分自身で扉を開け、記憶を辿りながら、隠された本当の自分を探し求めます。
これは単なるゲーム……ただし同時に、あなたの旅でもあるのです。

屋敷内で起きる不可解な現象の数々。
刻々と部屋は変化していく。
突然扉が現れたり、あったはずの扉が消えたり、通ったはずの廊下が別の廊下に変わっていたり、壁に文字が書かれていたりと何が本当で何が偽りなのか、全てが信じられなくなっていく……。

いたるところに散りばめられた謎は
一体何を意味しているのか……?

あなたの行動によって結果が変化していく。
この屋敷に秘められた謎とは一体何なのか!?

あなたはこの物語の真実に辿り着けるだろうか…。

情報元及びイメージ:DMM GAMES, App Store

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.