戦艦“Railjack”を導入する「Warframe – Rising Tide」アップデートが国内向けにアナウンス、PC版の配信はまもなく

2019年11月22日 16:55 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warframe」

先日、コンソール向けの“古き血統”アップデートが配信された「Warframe」ですが、新たにDigital Extremesが国内向けにプレスリリースを発行し、今年中のローンチを予定している“エンピリアン”の導入に先駆け、強力な古代の戦艦“Railjack”を追加する新アップデート“Rising Tide”の概要を公開しました。(PC向けの配信はまもなく)

また、発表に併せて“Rising Tide”アップデートの新コンテンツを収録したトレーラーが登場しています。

まもなく PC で登場する WARFRAME の「RISING TIDE」でエンピリアンは究極の戦艦作りを開始

クランを集め、古代の埋蔵物を発掘するためにオリジンシステム全域をめぐる冒険に旅立ち、
戦艦 Railjack を構築しよう

テンノ、そしてオリジンシステムが危険な状況に陥っている。グリニア軍は勢力を増しており、センティエント襲来が迫りつつあるとの噂が広がっている。敵に対抗できる唯一の望みは、形勢を一変させるに足る強力な古代のレリックである Railjack だ。カナダのゲーム開発・販売会社の Digital Extremes により間もなく PC 向けに公開される最新の Warframe®「Rising Tide 」アップデートで、テンノは壮大な冒険に旅立ち、今年ローンチされる「エンピリアン」の恐ろしい協力型宇宙戦闘に向けて、戦艦 Railjack の準備を進めていく。

クランのメンバーたちと協力し、または 1 人のクランとしてソロで、Railjack 用の一体型ワークショップ兼ガレージである Dry Dock を作ろう。Dry Dock 完成後、テンノはあまり乗り気ではない AI セファロン「Cy」の助けを借り、究極の戦艦を作るため、失われた Railjack テクノロジーを求めてオリジンシステム中を探索する任務を負う。また、「エンピリアン」がローンチされると、ミッションの合間に新しい武器、部品、Mod を使って Railjack をカスタマイズすることができる。

今回のアップデートには、「エンピリアン」に向けて Liset (着陸機) を準備する最初のステップも含まれている。「Rising Tide」アップデートでは、あなたの個人用着陸機の視覚的側面が見直され、最新マシン、改善された照明、さらにはオリジンシステムの星々の雄大な眺めを満喫するのに最適な新しい「ムーンルーフ」が追加される。

「Dry Dock」アップデートでは、さまざまな新しい武器、アーマー、コスメティックスを獲得することができる。まず登場するのは、エセリアルな武器、アーマー、コスメティックスがそろった「Cumulus Collection (キュミュラス・コレクション)」だ。さらに、新たな「Equinox Antonym Collection (イクイノックス・アントニム・コレクション)」は、Warframe の陽と陰の力を操るフレームである Equinox に、Equinox が形態を切り替えると変容する Antonym スキンに加え、Equinox の特徴的な Circadian シャンダナと Astreos のソードとシールドのスキンを提供する。

ゲーム内で無料で入手できる資源を利用して Dry Dock と Railjack を完成させることができる。「Cumulus Collection」と「Equinox Antonym Collection」は Warframe マーケットプレイスで入手することができる。

Warframe の Rising Tide アップデートは PC でまもなく登場します。コンソール版は今後に期待しよう。

Warframe コミュニティーに参加しませんか?まずは forums に参加して話すことから始めよう。 ぜひ Warframe の公式ウェブサイト www.warframe.com/ja をチェックしよう。開発チームからの最新情報を見逃さないよう、Warframe の Twitch, YouTube, Twitter, Facebook, Instagram.アカウントのフォローもどうぞお忘れなく。

Digital Extremes について

James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『Unreal Tournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness®II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し、PC、PS4™、Xbox One では 3800 万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremes に関する詳細については、www.digitalextremes.com にアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/ja にアクセスしてください。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.