続報:AmnesiaやSOMAを生んだ「Frictional Games」の新作に関係するARGが始動か、公式サイトから謎の映像が浮上

2020年1月25日 16:30 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Frictional Games」

先日、長年放置していた新作発表用のティザーサイトを更新し、何らかの胎動のようなフッテージを公開したお馴染み「Frictional Games」ですが、新たにスタジオがティザーサイトに小さな変更を加え、どうやら次回作のお披露目に向けたARGが始動したのではないかと注目を集めています。

これは、サイトのソーシャルアイコンと並んでこっそりと追加された“目”のアイコンに付与された文字列“suWaF-aIdV4”とmetaタグに仕込まれた文字列“pBW3V85Y-I4”(なおmetaの属性は“Artefact”)から、限定公開状態のYoutube映像が2本発見されたもの。

うち1本の映像“Box 52, Tape 16”は、屋外で撮影した岩に何やら呪術的なシンボルのようなものが描かれたもの。もう1方の映像“Box 7 Reel 2, Partial Success”はクリーチャーの咆哮のような音声と環境音が収録されています。

今のところ、これらの映像が何を示すものか、その詳細は不明ですが、映像の名称と添えられた短い説明分からは、誰かが映像やカセットの復元を試みている様子が確認できます。

Box 52, Tape 16
Box 7 Reel 2, Partial Success

■ 発見された映像について

  • Box 52, Tape 16:添えられた説明分は「Video Cassette 16/2/83, copy from a private collection. Marked Shetpe, KSSR.」。“Shetpe, KSSR”と記載された個人的なコレクションからコピーされた映像のビデオカセット。1983年2月16日にカザフスタンのシェトペで撮影したものと思われる。動画のタイトルは、52番のボックスに収められたテープ16と読めるが、詳細は不明。証拠品のように何らかの分類が行われている様子。
  • Box 7 Reel 2, Partial Success:添えられた説明分は「Artefact 1/7/115, marked “Triple Crown”. Video unrecoverable, Audio track fragment reconstructed, denoised.」。トリプルクラウンと名付けられたアーティファクトの何か。1/7/115は日付を示しているように思えるが詳細は不明。映像は復元できず、オーディオトラックの一部のみ修復され、ノイズ除去を施したもの、と記されている。
情報元及びイメージ:Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.