4つの物語と悪夢を描く珠玉のテキストアドベンチャー「Stories Untold」の日本語Switch版が本日発売、Observationを生んだNo Codeの鮮烈なデビュー作

2020年1月23日 10:14 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Stories Untold」

かつて、The Creative Assemblyで“Alien: Isolation”のUIアートやデザインを手掛け、Rockstar Games時代には“Red Dead Redemption 2”のUIデザイナーとして活躍したJon McKellan氏が開発を率いる実験的なテキストアドベンチャーとして2017年2月28日にPC版のローンチを果たし、先日海外Nintendo Switchにも対応したNo Codeのデビュー作「Stories Untold」ですが、新たに架け橋ゲームズがプレスリリースを発行し、日本語Nintendo Switch版“Stories Untold”の配信開始をアナウンスしました。

4つの物語と1つの悪夢新鮮な恐怖が詰め込まれたテキストアドベンチャー『Stories Untold』Nintendo Switch™版リリースのお知らせ

本日 Devolver Digital は、1980年代に流行したクラシックなスタイルと取り入れたホラーアドベンチャーゲーム『Stories Untold』を Nintendo Switch™にてリリースいたします。2017年2月に PC 版(Steam)でリリースされて以来、2,200件を超えるユーザーレビューを獲得し、「非常に好評」とされている大人気タイトルです。

また、開発元である No Code は2019年に SF スリラーアドベンチャーゲーム『Observation』でも知られているインディーゲームスタジオです。

舞台が異なるそれぞれの物語と謎解きの中に、現代だからこそ感じる新鮮なホラーがあなたを待ち受けています。

ビデオジャケットに記されている「4つの物語と1つの悪夢」を、是非その手でご体験ください。

『Stories Untold』とは

1980年代に流行したスタイルを取り入れたテキストベースのホラーアドベンチャーゲーム

「Stories Untold」

画面に表示されるのは「4つの物語と1つの悪夢」と記された1本のビデオテープ。

ひとつの物語を体験すれば、新たな物語が開かれていく。

古びたパソコン、見慣れない実験室、極寒の観測所…

鋭く突き刺さる鮮やかなホラーがさまざまな場所からやってくる。

そして、謎を解き明かしながら物語を進めていくうちに生まれる“違和感”。

それはやがて実体となり、今までに味わったことのない“恐怖”としてあなたを待ち受けている。

「Stories Untold」
「Stories Untold」

ゲームの特徴

  • 謎に満ちあふれた4つの物語:「棄てられた家」「ある実験」「観測所にて」「最後の治療」舞台や設定の異なる物語とパズルをそれぞれ体験しよう。ビデオジャケットに記された「4つの物語と1つの悪夢」の意味を知るとき、これまでにない恐怖があなたに降りかかる。
  • 1980年代を想起させるテキストアドベンチャー:与えられた単語を組み合わせて主人公の行動を決定していこう。現代だからこそユニークに感じられる謎解きや、テキストを読んでいるだけだからこそ味わえる新鮮な恐怖。さらに、レトロで良質なサウンドが上のホラーを形作っていく。
「Stories Untold」
「Stories Untold」

『Stories Untold』詳細

【デベロッパー】No Code について

No Code はスコットランドを拠点としたインディーゲーム開発スタジオです。『Alien: Isolation』などのゲームに携わったメンバーの経験を活かして、AAA タイトルのクォリティとインディーのオリジナリティをかけ合わせた開発を行っています。スマートフォン向けアプリの『Super Arc Light』や、ホラーアドベンチャーゲーム『Stories Untold』の成功を経て、圧倒的に美麗なグラフィックで描かれる SF サスペンス『Observation』を世に送り出しました。

公式サイト: http://www.nocodestudio.com/

【パブリッシャー】Devolver Digital について

世界中のインディーゲームファンから熱い信頼と注目を集める Devolver Digital。『Katana ZERO』『GRIS』『The Messenger』『Enter the Gungeon』など、個性的で良質なデジタルコンテンツを配信しているゲームパブリッシャーです。作品を探し求め、世の中に伝え広め、公正な価格帯を提示し環境を整えることで、世界中のアーティストとそのファンをサポートし続けています。

公式サイト: http://www.devolverdigital.com/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームは『Katana ZERO』『GRIS』『The Messenger』『Dead Cells』『Kingdom: Two Crowns』『Overcooked®シリーズ』『Hollow Knight (ホロウナイト)』など200以上のタイトルをサポートしてきました。

公式サイト:www.kakehashigames.com
Twitter:@kakehashigames

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.