新レジェンド“フォージ”やボルトアクションライフルの導入を含む「Apex Legends」シーズン4の情報が遂に解禁、開幕は2月4日

2020年1月24日 9:58 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Apex Legends」

先日、多数の新モードをローテーションで導入する新たなアーケードイベント“大晩餐会”がスタートした「Apex Legends」ですが、新たにRespawn Entertainmentがシーズン4“アシミレーション”の情報を解禁するライブ配信を実施し、2月4日の開幕を予定していることが明らかになりました。

シーズン4“アシミレーション”は、ガントレットを装備したパワフルな新レジェンド“フォージ”をはじめ、多数の限定アイテムを用意した最新のバトルパス、新武器となるボルトアクションライフル“センチネル”、シリーズ2の結果を踏まえ様々な調整と新要素を導入するランクシリーズ3、そして本作のリリース1周年を祝う豪華なアニバーサリーギフトといった要素を特色としています。

シーズン4の新要素を紹介する最新のライブ配信アーカイブ

「エーペックスレジェンズ」シーズン4 – アシミレーション

チャンピオン見参

カリスマ性あふれるレジェンド、新武器、最新バトルパスやランクアップデートなどが、「エーペックスレジェンズ」シーズン4 – アシミレーションに登場。

新レジェンド: フォージ

自信家でありながら謙虚さを持ち合わせるフォージは、その巨体と圧倒的な力に特徴があり、強力なシャッターガントレットを用いて敵を打ちのめし、屈服させる。

最新バトルパス

レジェンダリースキンやApexパック、ロード画面、ミュージックパックなど100種類以上の限定アイテムを収録!

新武器: センチネル

このボルトアクションライフルを使えば、気付かれることなく敵のアーマーを切り裂くことができる。

ランクシリーズ3

新シリーズのランクモードで、自らの戦闘技術に磨きをかけよう。今すぐ参戦し、本性を突き止めよう。

無料のログインギフトを受け取って、1周年を盛大にお祝いしましょう

ファンの皆様に感謝の印として、1周年記念のログインギフトをお贈りします。2月4日、シーズン4 – アシミレーションの開始時にぜひお受取りください。

エーペックスレジェンズ ランクシリーズ3のご紹介

2月4日のシーズン4 – アシミレーションの開始に伴って、その詳細をご紹介します。

こんにちは皆さん!今回は「エーペックスレジェンズ™」のランクリーグのデザイナーが集合し、本作のランクリーグ・シリーズ3についてお話しします。開発時の目標を振り返りつつ、成果の一部を紹介したうえで、2月4日開始となるシーズン4 – アシミレーションにおけるランクリーグの運用方針について詳細を語ります。

シーズンごとにスプリットという期間が設けられ、リセット実施までに最大で6週間プレイできます。

マスターティアが追加され、各機種別に上位500人のプレイヤーがApexプレデターに所属します。

ソフトリセットとスコアの内容は現行のものと変わりませんが、各スプリットでソフトリセットが実施されます。

ダイブ軌道はシーズンごとの報酬へと変更されます。ただし、シリーズ1または2で獲得したものは変更の対象から外れ、今後もダイブ軌道を所有することができます。

シリーズ2の結果

まずはランクリーグの目標を簡単に振り返ったうえで、ここまでのシリーズ2の成果についてもコメントしていきましょう。今後もランクシステムの改善は随時進めていきますので、ご期待ください!

  • 「エーペックスレジェンズ」に正確な実力の指標を設ける
    • 2020年1月10日時点における、同シリーズを5時間以上遊んだプレイヤーの分布は以下の通りです(カッコ内は前シリーズの数値)。
  • ブロンズ:3.9%(5.1%)
  • シルバー:29.1%(40%)
  • ゴールド:35.3%(35.7%)
  • プラチナ:23.6%(16.8%)
  • ダイアモンド:7.1%(2.1%)
  • Apexプレデター:1.0%(0.2%)
    • この分布から、Apexプレデターの所属人数が増加したことが分かります。そのためマスターティアを新設し、Apexプレデターの特性についても再設計していきます。詳細は以下をご覧ください。
  • 腕利きのプレイヤーに、「エーペックスレジェンズ」をプレイした時間に対する見返りを与える
    • ランクシリーズで到達した最高ティアに基づいて、ガンチャーム、バッジ、ダイブ軌道を再度進呈します。ただし、今後すべてのシリーズで、ダイブ軌道に使用期限が設けられます。この変更によってプレイヤーがマップに降下する際にビジュアル面の負担が軽減されます。現状ではダイブ軌道が増えすぎてしまい、最終的には意味をなさなくなってしまいます。例を挙げますと、ランクシリーズ3でApexプレデターになった方は、シリーズ4でApexプレデターのダイブ軌道を使用することはできますが、その後削除されます。シリーズ1または2で獲得したダイブ軌道については、この削除対象から外れ、今後も使用することができます。現在のところ、4種類1セットのダイブ軌道が毎年周期的に獲得できるような仕様を計画しています。例えば、ランクシリーズ3で獲得したダイブ軌道を1年後のランクシリーズ7でも獲得できるようになります。ランクシリーズ4では別のセットを獲得でき、同様のものがランクシリーズ8でも獲得できる、という仕様です。
  • 実力が対等なプレイヤーをマッチングして健全な競争を保つ
    • RP(ランクポイント)を基準にするマッチングシステムは、今後もランクの変動に使用されます。将来的にはこのマッチメイキングについても見直す必要が出てくるかも知れませんが、現在は当初の想定通り正常に機能しています。
  • 最上位ティアのプレイヤーが、最高のスキル水準で戦えるようにする
    • 最高のスキルを持つプレイヤーが繰り返しプレイすることで、着実に最上位ティアに到達しています。ここにマスターティア(下記参照)を新たに加えることで、さらに熾烈なハイレベルのバトルが繰り広げられることでしょう。

シリーズ2の報酬

シーズン変更時にシリーズ2のランク報酬として獲得できるコンテンツをご紹介します。

シリーズ3の新要素

これまでに得られたシーズン2の考察を踏まえ、シリーズ3開幕に向けた展望をご案内します。

スプリット

3カ月にわたるランクシリーズ1、そして4カ月におよぶランクシリーズ2を終え、私たちは階層の移動についても十分に分析しました。その結果、1つのシリーズを3カ月間とし、その期間を2つに分割することにしました。シリーズ3ではこのシステムを採用し、短期間のスプリットを2つ設け、各スプリットでソフトリセットを実施します。スプリット1はWorld’s Edge、スプリット2はKing’s Canyonと舞台を変えることで、マンネリ化も防ぎます。シリーズ期間中のいずれかのスプリットで到達した最上位ティアによって、ランクシリーズの報酬が決定されます。ただし、アニメーション機能付きの限定バッジは、両方のスプリットで同じティアに到達した場合にのみ受け取ることができます。

「Apex Legends」

ソフトリセット

ソフトリセットは、シーズン4でも同じ方法で実施されます。シリーズ3の開始時に全プレイヤーのランクに対してソフトリセットを実施し、その結果1.5ランク下がった状態から開始となります。したがって、シリーズ3をゴールドIIで終了したプレイヤーはシルバーIVとなります。プラチナIVのプレイヤーはシルバーIIに移動し、ApexプレデターはプラチナIIとなります。このリセットは各スプリットで実施されます。

マスターティア

最上位となるApexプレデターには、これまで以上に多くのプレイヤーが到達しています。今回のシーズンではApexプレデターでも2つのスプリットが設けられています。ここで腕前を披露し、成果をあげるのは困難を極めることでしょう。こういった状況から、ダイヤモンドとApexプレデターの中間にマスターティアを新設しました。マスターティアに到達するには、以前のApexプレデターと同じ10,000 RPが必要です。Apexプレデターは、対象機種ごとに上位500のプレイヤーのみに限定されます。そのため、他のプレイヤーがRPで先行し続けると、Apexプレデターからマスターティアにあっという間に降格することになります。Apexプレデターに達すること、キープすることに今まで以上の達成感を感じていただけることでしょう。もちろん、ダイヤモンド以上のティアが特別なのは言うまでもありません。

「Apex Legends」

パーティーの制限

ぜひフレンドと「エーペックスレジェンズ」を楽しんでいただきたいのですが、より緊迫したバトルが展開されることも重要な要素として注視する必要があります。そのためプラチナ以上のティアでは、パーティーメンバーのティアの差は最大で1と制限します。この調整で各マッチがハイレベルで展開されるだけではなく、僅かなミスが命取りになる大熱戦となるでしょう。

ペナルティと敗北免除

システムの悪用を軽減するために、敗北免除に関しても変更があります。チームメイトが退出または接続に失敗した場合を想定して構築されたシステムなので、これらの場合には変わらず敗北免除が適用されます。RPの喪失免除については変更があり、1日1回までの退出にのみ適用されます。ランクシリーズ期間中にこの1日1回の上限を3回超えてしまうと、該当シリーズ残りの期間は免除対象外となります。上限に達したプレイヤーはマッチを放棄した際に、その理由を問わずRPの喪失免除を受けられません。マッチ放棄が試みられる際には、カウント対象となることを今後も警告メッセージでお知らせします。また新たに敗北免除の上限に達することもお知らせするように変更が加えられます。ペナルティは回数を重ねるごとに大きくなりますが、この点については前シリースから変更ありません。

「Apex Legends」

報酬

前回のランクシリーズと同じように、シリーズで到達した一番上のティアに基づいてバッジ、ガンチャーム、ダイブ軌道を受け取ることができます。ダイブ軌道については注意すべき変更が1つあります。獲得したダイブ軌道は次のシーズンでのみ使用可能となり、シーズン終了後は使用不可となります。ただし、そのシーズンでもう一度同じランクに到達すれば、削除されません。この変更によってプレイヤーのダイブ軌道を見れば、前のシーズンでどのランクに到達したのかすぐに知ることができます。ただし例外もあります。シリーズ1または2でダイブ軌道を獲得したプレイヤーは、該当のダイブ軌道を今後も保持することができます。

シリーズ3から変更がない点

マッチ参戦所要RP

各ランクマッチでは、所属ティアに応じたRPを消費します。またマスターティアではApexプレデターと同じRPが必要となります。詳細は以下よりご確認ください:

  • ブロンズマッチ:無料
  • シルバーマッチ:12RP
  • ゴールドマッチ:24RP
  • プラチナマッチ:36RP
  • ダイアモンドマッチ:48RP
  • マスターマッチ:60RP
  • Apexプレデターマッチ:60RP

スコア

スコアシステムに大きな変化はありません。マスターティアとApexプレデターティアでは、マッチ参戦所要RPも報酬として受け取るポイントも共通しています。

一方で、アシストについては調整が加えられました。まず、アシストタイマーを5秒から7.5秒に変更しました。別の変更点についても説明します。シーズン4の開始前は、回復アイテム(注射器やシールドセルなど)を使用中にマッチが終了すると、アシストとしては記録されませんでした。こちらは意図したものとは異なる挙動であったため、修正されています。ミラージュのデコイトリガー、クリプトのEMP、パスファインダーのグラップルは、発動後7.5秒間はアシストとして記録されます。またダメージを与えなくても記録されます。ブラッドハウンドのスキャンとクリプトのパッシブ能力は、ステータス効果期間中、または効果が切れてから7.5秒の間にキルが確認された場合はアシストとして記録されます。キルスコアと順位スコアには変更がなく、これまでと同じです。

ランクリーグについては評価と改善を継続的に実施します。また、これまでの改善については、一定の評価ができるのではと考えています。ランクリーグでより高みを目指して熱心にプレイされ、驚愕のスキルで「エーペックスレジェンズ」の真価を披露するプレイヤーの皆様に感謝申し上げます。

「エーペックスレジェンズ」のアニバーサリーギフトを受け取りましょう

シーズン4開始時に無料のログインギフトを受け取って、1周年を盛大にお祝いしましょう

レジェンドの皆さん、こんにちは。

私、SaladGuy-RSPNが「エーペックスレジェンズ™」のアニバーサリーギフトについてご紹介します。

「エーペックスレジェンズ」のサービス開始から1年。本当に驚愕の1年となりました。ファンの皆様より多大な反響をいただき、たいへん光栄に思います。そこで感謝の印として、私たちと共にゲームを楽しんでくださる皆様全員にギフトを贈ろうと考えました。

シーズン4 – アシミレーション(2020年2月4日~2020年2月11日)の最初の週にログインされたすべての方に、アニバーサリーギフトをお贈りいたします。収録内容は下記よりご確認ください:

  • イヤー1ペーパーフライヤーチャーム(2周年に向けて素敵なアイディアをお持ちの方はぜひお知らせください)
  • イヤー1ロイヤルティバッジ
  • 毎日、最初のマッチで1万XPを獲得

ロイヤルティバッジはドロップシップから初めて降下した時期別に3種類ご用意しています。初期からプレイされている方が、最近始められた方に自慢できるアイテム構成となっています。

この1年、皆様からいただいたサポートに改めて感謝申し上げます。「エーペックスレジェンズ」はこれからも盛りだくさんでお送りします。今後ともお楽しみいただけますと幸いです。

-SaladGuy-RSPN

情報元及びイメージ:EA, EA

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.