待望の製品版ローンチを果たした「Dreams」で作られた“Fallout 4”が凄い、PS5とPC対応に関するMedia Moleculeの興味深い見解も

2020年2月17日 14:41 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dreams」

先日、国内外で待望の製品版ローンチを果たした「Dreams」(国内はDreams Universe)ですが、新たにRobo_Killer_v2さんが本作で“Fallout 4”を再現する「Fallout 4: Dreams Edition (WIP)」を公開し、その素晴らしい仕上がりとトレーラーが話題となっています。

“Fallout 4: Dreams Edition (WIP)”は、実際に“Dreams”のドリームサーフィン経由でアクセスできますので、製品版をお持ちの方は一度プレイしておいてはいかがでしょうか。

参考:“Fallout 4: Dreams Edition (WIP)”のプレイ映像
Robo_Killer_v2さんが公開した“Fallout 4: Dreams Edition (WIP)”のトレーラー

また、先だってロンドンで行われた“Dreams”のローンチイベント会場で、Media Moleculeの共同創設者兼クリエイティブディレクターMark Healey氏が本作のPS5とPC対応の可能性について興味深い見解を提示し話題となっています。

PS5対応の可能性について、VGCの質問に応じたMark Healey氏は、スタジオが現時点でPS4版に注力していることを前置きした上で、“Dreams”が期待通りの成功を収めた場合、PS5対応は明らかな流れだと説明。“Dreams”がプラットフォームであることから、将来的に適切などこかへ移行することは理想的だと語り、現段階で誰かから怒られることなく言えることはこれだけだと伝えています。

ただし、本作のPS5対応が実現しなかった場合でも、PS5の下位互換機能によってPS4版が引き続きプレイできるとのこと。

さらに、Mark Healey氏はPC対応の可能性についても言及しており、実現できれば素晴らしいと個人的な見解を示した上で、対応の判断はSony側に委ねられていると明言。加えて、氏は本作のPC対応がゲーム業界全体の動向にも左右されるだろうと語り、昨今SonyがPC向けのパブリッシングに対してオープンになりつつあるようだと説明しています。

Digital Foundryが新たに公開した“Dreams”の技術的な解説映像
情報元及びイメージ:IGN, Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.