ステファノ・ソッリマ監督が映画「Call of Duty」の一時的な保留を報告、脚本はジョーカーやザ・ファイターで知られるスコット・シルヴァー

2020年2月17日 23:58 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty」

2015年11月に“Activision Blizzard Studios”の設立と共に映画化のプロジェクトが始動し、2018年2月には監督が“暗黒街”(2015)や“ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ”で高い評価を獲得したステファノ・ソッリマに決定したものの、その後続報が途絶えている映画版「Call of Duty」ですが、新たにステファノ・ソッリマ監督がBadTasteのインタビューに応じ、映画化の進捗に言及。現段階で“Call of Duty”の映画化がActivisionの優先事項ではなく、今後の方向性を決めるために一時的に計画を保留していることが明らかになりました。

映画“Call of Duty”の今後や現在の進捗に関する具体的なディテールは不明ながら、ソッリマ監督によるとハリウッド映画の計画が一体となるには長い時間が必要で、今回の保留は特段変わったことではないとのこと。

また、ソッリマ監督は(一時ブラックパンサーのジョー・ロバート・コールに決まったと噂された)映画の脚本家について言及しており、ジョーカーやザ・ファイターで知られるスコット・シルヴァーと共にシナリオを執筆したと説明しています。

情報元及びイメージ:GameSpot, Charlie INTEL

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.