海洋探索アドベンチャー「Beyond Blue」のPS4とXbox One、Steam PC版ローンチが6月に決定、Never Aloneを生んだE-Line Mediaの新作

2020年4月23日 12:56 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Beyond Blue」

イヌイットの文化をモチーフに描いた“Never Alone (Kisima Ingitchuna)”を手掛けたE-Line Mediaの新作として、先日Apple Arcade向けのローンチを果たした海洋探索アドベンチャー「Beyond Blue」ですが、新たにE-Line Mediaが、PS4とXbox One、Steam PC版“Beyond Blue”の配信日をアナウンスし、海外向けに2020年6月8日週の発売を予定していることが明らかになりました。

また発表に併せて、深海探検家の主人公“ミライ”と探査チームのメンバーが、美しくも危険な海洋世界の探索や海洋生物のスキャンと調査について紹介する新トレーラーが登場しています。

PS4とXbox One、Steam PC版“Beyond Blue”の価格は19.99ドル

“Beyond Blue”は、近い未来の神秘的な海を舞台に、最先端の技術を用いる海洋探査チームのリーダー“ミライ”を通じて、偉大で知的な生命体と謎を巡るストーリーを描く新作で、調査の成功に必要なリスクの高い意思決定や優先順位の設定を含む高度なリソース管理を特色としています。

参考:2018年に公開された“Beyond Blue”の海中リラクゼーション4K映像

近未来を舞台にした「Beyond Blue」では、科学者にして深海探検家であるミライの目を通して海の謎を調査する。新たに結成された研究チームを率いるミライは、革新的な技術を駆使して、これまでにない有意義な方法で海に目を向け、耳をすませ、触れ合っていく。チームの調査旅行でプレイヤーを待ち受けるのは、刺激的な物語、手付かずの世界の探索、そしていちかばちかの決断を余儀なくされる冒険。

アラスカ先住民の文化を描いたBAFTA受賞作「Never Alone(Kisima Ingitchuna)」と同じ包括的な開発プロセスを採用したE-Line Mediaは、Blue Planet IIを開発したBBC Studios、OceanX Media、世界屈指のゲームクリエイターや海洋学の専門家と提携し、この惑星の青い心臓を彩る荘厳な美しさと限りない神秘を再現している。

情報元及びイメージ:Destructoid, Steam, App Store

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.