歴史的な名作が4K品質で蘇る「マフィアII コンプリート・エディション」のプレイレポート

2020年5月20日 1:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Mafia II」

先日、海外で正式アナウンスされた“マフィア”シリーズのトリロジーバンドル“Mafia Trilogy”ですが、先ほど国内外で本バンドルの詳細が遂にアナウンスされ、発表と同時にシリーズ2作目の現世代向けリマスターとなる完全版「マフィアII コンプリート・エディション」と3作目の新たな完全版「マフィアIII コンプリート エディション」、および「マフィア トリロジーパック」の販売を開始することが明らかになりました。

この発表に先駆けて、2Kより「マフィアII コンプリート・エディション」の提供を受け、一足先に生まれ変わった歴史的な名作のリマスター版を実際にプレイすることができました。

という事で、今回はそもそも「マフィア II」がどんな作品だったのか、その重要さと特異性を振り返りつつ、リマスターの出来映えを確認したいと思います。

2010年に発売された「マフィア II」の概要

海外版“Mafia II: Definitive Edition”のローンチトレーラー

貧しいイタリア系移民の息子として生まれたヴィト・スカレッタは、幼少期から貧困を抜け出すためにあがき、打ちひしがれていた。富と尊敬を勝ち取るただ一つの方法は、マフィアに加わることだ。貧困の中で死んだ父を憎む彼はストリートでメイドマンになることを夢みる。

幼なじみのジョーと共に小さな犯罪を繰り返すヴィトは、ストリートで名を上げ、マフィアに取り入るためその実力を示した。強盗や自動車の強奪といった小さな仕事を手始めに、2人は遂にファミリーの階段を登り始める。しかし、夢みたメイドマンの生活はかつて思い描いていたようなものではなかった……。

PS3とXbox 360、PC向けのタイトルとして、2010年8月に海外ローンチを果たした「マフィア II」は、カルト的な人気を博した初代“マフィア”をベースに、多くの要素を全面的に拡張した三人称視点の犯罪系オープンワールドアクションシューターで、ニューヨークをモデルにした架空の都市“エンパイアベイ”を舞台に、主人公ヴィトと相棒ジョーの友情と成功、そして大きな流れに翻弄される2人の運命を描くストーリー重視の作品として一定の評価を獲得しました。

開発は、初代に続いて名門2K Czechが担当。プロデューサーLukas Kure氏や開発ディレクターPetr Vochozka氏、リードプログラマーDan Dolezel氏、アートディレクターRoman Hladik氏、そして初代の脚本とカットシーンの監督を務めたDaniel Vávra氏(※ 後にWarhorse Studiosを設立し、野心作“Kingdom Come: Deliverance”を生んだベテラン)など、主要なリード陣が多く参加した直系の続編であり、いわゆるマフィアものとして、作品のテーマやアプローチ、主人公の人物像、ストーリーテリングなど、多くの要素が初代と対を成す構成を特色としており、以下のような新要素や改善を導入しました。

“Mafia II”の主な改善と拡張

  • 戦闘システムの拡張:三人称視点の戦闘にカバーシステムと体力の自動回復システムを導入。また、近接戦闘システムにカットシーン演出やコンボを含む多彩な拡張が施された。また、僅かながらステルスプレイが楽しめるパートも存在する。
  • 難易度選択の導入:新たにイージーとノーマル、ハードからなる3種の難易度を導入。初代は高い難易度がハードルとなったが、難易度選択の導入によって映画的なストーリーが簡単に楽しめるよう改善された。
  • 車両のバリエーションやカスタマイズ要素の強化:70種の乗用車が登場した初代に対して、車種の数こそ僅かに減少したものの、DLC分を含め、乗用車からトラック、ワゴン、装甲車に至るまで、約50種の幅広い車両が導入された。また、多くの車両にパーツの改造や塗装の変更を含む細かなカスタマイズと修理要素が実装された。
  • 各種施設やインタラクションの拡張:自動車の修理工場をはじめ、レストランや衣料品、銃砲店など、利用可能な施設や店舗が数多く導入された。また、環境やオブジェクトに対するインタラクションも全体的に増えている。
  • 収集要素の強化:新たにPlayboy誌と提携し、それぞれに個別のカバーアートとヌードグラビアを持つ50冊のPlayboy誌が収集要素として導入された。また、さらなる収集要素として街のあちこちに全159種もの指名手配ポスターが貼り出されている。これは、2K Czechチームの開発者をマグショット風に撮影したもの。

こういったディテールを並べると、“Grand Theft Auto”に代表される自由度の高いサンドボックス系のゲームプレイを思い浮かべがちですが、本作は章立てで進行する映画的な展開とストーリーテリングを重視しており、そこに大きな魅力が詰め込まれた作品となっています。

「マフィア II」が発売された2010年は、Mass Effect 2やSTALKER: Call of Pripyat、Red Dead Redemption、God of War III、Call of Duty: Black Ops、Halo: Reachといった傑作が並ぶ、PS3とXbox 360世代の中でも最も充実した時期で、Grand Theft Auto IVが2008年に登場していた経緯もあり、本作は当時まさに新たな進化の過程にあったサンドボックス経験を求めるゲーマーと“マフィア”的経験を望むゲーマーの間で評価が分かれた作品でもありました。

「マフィア II」の白眉はストーリーテリングにあり、その魅力や重要性については後述しますが、本作には多数のDLCが用意されており、オープンワールド環境を活かしたサンドボックスやアーケード系のお楽しみは、スピンオフ的なストーリーキャンペーンDLCにて楽しむことができます。

“Mafia II”向けにリリースされたDLCのラインアップ

“Mafia II”には、追加の衣装と車両を導入する4つのコンテンツパックと3種のストーリーキャンペーンが導入された。

  • ジョーの生き様:ヴィトの親友ジョーを主人公に、ヴィトが収監されていた1945年から1950年に掛けて起こった出来事とヴィトが実刑判決を受けた背景を描くストーリーDLC。アーケードスタイルのバリエーション豊かなミッションが25種導入されるほか、新衣装やロケーション、追加のプレイボーイ誌収集に加え、カットシーンが幾つか用意されている。
  • ジミーの背信:本編とは別の時系列にある1950年代のエンパイアベイが舞台となるストーリーDLC。金で殺しから取り立てまで、なんでもやる“清掃業者”ジミーとなり、友人タム・ブロディとサル・グラヴィナ率いるグラヴィナファミリーの厄介毎を請け負う。オープンなエンパイアベイの各所に用意された30種のアーケードライクな新ミッションがプレイ可能。リリース当初はPS3専用DLCだったが、その後Xbox 360とPC向けに価格改訂版や一部東欧地域の単体販売、ロシアのPCリテール版、“Director’s Cut”版を通じてその他プラットフォーム向けにもリリースされた。
  • ジミーの復讐:“ジミーの背信”において、ある裏切りにあい、懲役15年が科されたジミーの脱獄と復讐を描くストーリーDLC。“ジミーの背信”と同じくサンドボックスでアーケードライクな34種のミッションを導入。本編では侵入できなかった一部エリアも開放される。
  • グリーサー・パック:[車両] スミス34ホットロッドとシューベルトホットロッド、[衣装] バイカーの服とレーシングスーツを追加。
  • レネゲード・パック:[車両] ポトマックエリシウムとウォルターホットロッド、[衣装] スタジアムジャンパーと赤いジャケット。
  • ベガス・パック:[車両] チャペックXTとジェファソンフューチャー、[衣装] 伝統的なカウボーイスーツと襟長スーツ。
  • 戦場の英雄パック:[車両] ウォルターミリタリーとウォルターユーティリティ、[衣装] アメリカ軍礼服とアメリカ軍戦闘服。

本日発売を迎えた「マフィアII コンプリート・エディション」は、これらのDLCを全て同梱していますが、国内では従来の日本語版をプレイすること自体がやや難しく、中でも入手困難だった“ジミーの背信”を気軽にプレイできることもリマスター完全版の魅力の1つだと言えそうです。

マフィアシリーズにおける「マフィア II」の位置付けと重要性

参考:“Mafia II”の映画的なアプローチを分かりやすく描いたTVCM映像

先ほども言及した通り、「マフィア II」の大きな魅力は若者2人の運命を描いた物語と映画的なストーリーテリングにあります。

「マフィア II」の重要性については、単体で語ることが難しいため、トリロジーのためにも一旦“マフィア”サーガそのものの構成を振り返り、シリーズにおける「マフィア II」の位置付けを確認してみましょう。

初代「マフィア」と「マフィア II」、「マフィア III」からなる“マフィア”クライムサーガは、異なる年代と異なる主人公の物語を描く個々の作品が独立して存在する一方で、全ての作品が一貫して“組織犯罪”をテーマに、伝統や血の掟、ファミリーのヒエラルキーを異なる側面から描く、全体で一つの大きな物語を描くような構成を特色としています。

コーザ・ノストラや広義のマフィア、犯罪映画がお好きな方向けに分かりやすくまとめると、初代「マフィア」は禁酒法時代のシカゴをモデルに描いた、所謂“ゴッドファーザー”や“グッドフェローズ”的な王道のマフィア映画的作品でした。

一方、50年代前夜のニューヨークをモデルとする「マフィア II」は、“俺たちに明日はない”や“イージー・ライダー”に代表される破滅的なアメリカン・ニューシネマに近い物語を描いています。

そして、60年代のニューオーリンズをモデルとした「マフィア III」は、時代の大きな変化と伝統の落日を逆説的に描く“アイリッシュマン”のような作品だと言えます。これら3つの作品は、まるで犯罪映画の歴史と変化をなぞるように存在し、文字通りマフィアの光と闇を骨の髄まで楽しめる希有なストーリーアークを見事に紡ぎ上げています。

「マフィア II」の主人公ヴィト・スカレッタは、トリロジーの全作品に登場する唯一の人物であり、彼の物語そのものがシリーズの全体に深い影を落とす、非常に象徴的なシリーズの鍵を握る存在でした。

こういった背景から、「マフィア II」が描くヴィトの物語と運命は、「マフィア III」とサーガ全体を味わい尽くすために必要不可欠な最重要パーツの1つでしたが、今回のトリロジーバンドルでようやく気軽に2作目の日本語版がプレイ可能になったという点だけでも、「マフィアII コンプリート・エディション」は非常に価値のある現世代向けリマスターだと言えるでしょう。

まず、この関係を前提に、改めて「マフィア II」のストーリーテリングに焦点を当ててみます。

初代“マフィア”は、主人公トミーの視点を通じて、マフィアそのものの活動や成功、対立、裏切りといった典型的かつ王道の物語を軸に、予め決められた“ある”結末を事前に提示した上で、予想を上回るツイストをプレイヤーに突きつけることに成功した傑作でした。

一方、「マフィア II」は結末や未来を一切提示せず、巨大な権力争いや時代の変化に抗うことも出来ずに流される無軌道なヴィトの視点をリアルに再現しており、物語の展開を徹底してヴィト個人の眼前で描くため、事件や裏切りの真相、ファミリー間の取り交わし、近しい人間の思惑、他者の発言や伝達の真偽、有力者の暗躍に至るまで、あらゆる出来事の真実や裏側、その企みや目的が闇に包まれたまま、説明的に提示されることはありません。

貧困と父の呪縛から抜け出すために、アメリカという国や大きな力を持つファミリーの末端で抗うヴィトの人生と運命を描くには、眼前に広がる世界で何が起こっているのか分からない、そのことをプレイヤーに追体験させる必要があり、物語の大局を見せないことが真に迫る、つまりアメリカン・ニューシネマやフィルム・ノワール的なリアルを生む要因の1つとして機能しています。

こういった手法は、いわゆるビデオゲーム的な報酬モデルや推進力と距離を置くものですが、“極度に没入感の高い犯罪映画的体験”を実現するためには避けて通れないアプローチであり、このリスクある挑戦こそが「マフィア II」を特別な作品たらしめる強固な柱となっているのです。

こういった手法で描かれるヴィトの空虚さと実存なき希求は、社会や父権に対するカウンターそのものであり、刹那的な彼がどうやって成功し、どう堕ちるのか、その暗澹たる人生を見届けることこそが本作最大の魅力だと言えるでしょう。

また、トリロジー全体をプレイする際には、確固たる意思と聡明さ、目的を持って組織を上り詰めた初代の主人公トミー、復讐の鬼となり、時代の大きな変化を象徴するかのようなパワーで全てを燃やし尽くした三作目の主人公リンカーン、そして時代に翻弄され続けたヴィト、この三者の対比に着目すれば、“マフィア”トリロジーは決して忘れることのできない爪跡を記憶に刻んでくれるはずです。

「マフィアII コンプリート・エディション」のリマスターについて

「マフィアII コンプリート・エディション」のリマスターは、PS4版The Witcher 3: Wild Huntやシェンムーのリマスター、SEGA Mega Drive and Genesis Classicsなど、数々の移植や開発サポートで知られるイギリスのD3T Limitedが担当しており、4K品質のグラフィックス改善や全DLCの同梱、初代と三作目向けの特典アンロックといった要素を特色としています。

一方で、ゲームプレイの内容や3Dモデルの品質、アニメーション、UI/HUD/UX周りに目立った変化はなく、操作感や収録コンテンツを含めオリジナルを忠実に再現するタイプのリマスターとなっています。

筆者はPC版のコンプリート・エディションをプレイし、細かな変更点として以下のような機能追加や改善が確認できました。

  • 高解像度対応と高解像度テクスチャ
  • フォーカスロスオプションの追加
  • グラフィックスオプションの追加機能:HBAO、ビネット、色収差、MSAA、ポストAA、フレームレート制限、カスタムフレームレート
  • 物理演算表現の強化
  • 路肩に積もった雪や足跡など、幾つかの環境オブジェクトやエフェクトが追加。
  • カットシーン用レンダームービーのビジュアル改善。

という事で、「マフィアII コンプリート・エディション」は概ね素のリマスター作品となるわけですが、実はローカライズに細かな変更が加えられており、どうやらオリジナルの日本語版をベースに、改行位置やセリフのスタイル、細かなニュアンス等、(サーガとしての流れを考慮したものか)全体的に統一感のあるブラッシュアップが図られているようです。

ただし、一部UIや設定画面、HUD等に(オリジナルにはなかった)フォントサイズや文言の問題が残っており、幾つかクリティカルな箇所もあったことから、こちらは修正に期待したいところ。

この他、収録車両のラインアップにも僅かな変更が加えられており、特典となる初代のタクシーを含む一部未見の車両に加え、車名の文言が分かりやすく整理されています。(例:オリジナル“カルバエンパイア警察仕様”、リマスター“カルバー・エンパイア(警察仕様)”)

「Mafia II」
参考:オリジナルのカットシーン、ヴィトの口調に注目
以下の比較画像は全て原寸大のイメージにリンクしてあります
「Mafia II」
こちらがリマスターの同一シーン。台詞と改行、文末が調整されている。
また、全体的に白いもやと品質の低い被写界深度エフェクトが排除され、くっきりと見やすくなった
「Mafia II」
参考:オリジナルのカットシーン
「Mafia II」
こちらがリマスターの同一シーン、やはり台詞の細かなニュアンスが調整されている
ライティングやシャドウの改善も印象的
「Mafia II」
参考:街中の1シーン、ジョーの台詞が途中で切れている
「Mafia II」
街中の同一シーン、行送りが修正され、ジョーの台詞が見やすく改善された
路面のテクスチャやライティングも大きく改善されている
「Mafia II」
参考:オリジナルのカットシーンにおけるヴィト
「Mafia II」
リマスター版の同一シーン、どうやら髪以外ほぼ同一の3Dモデルながら
ライティングとテクスチャの改善で大きく印象が異なる、いい男!
「Mafia II」
参考:オリジナルの屋外
「Mafia II」
こちらは同じ場所から撮影した街並み、霞がかったような白みが無くクリアに見える

という事で、「マフィアII コンプリート・エディション」は、オリジナルを忠実に再現したシンプルなリマスターながら、初代や二作目をプレイしたことのない新規のプレイヤーにとっては、ようやく気軽に現世代コンソールやPCで歴史的な名作が楽しめる待望の日本語完全版だと言えます。

この後には、トリロジー・パック最大の目玉であるカルト的な傑作の本格リメイク「マフィア コンプリート エディション」の発売が控えていますので、待望の復活を果たす初代の登場に向けて先ずは「マフィアII コンプリート・エディション」と「マフィアIII コンプリート・エディション」のプレイを済ませておいてはいかがでしょうか。

「マフィアII コンプリート・エディション」の商品情報

『マフィアトリロジー・パック』の一部または独立した犯罪ドラマとして単体購入可能
発売日:2020 年 5 月 20 日(アジア)

『マフィア』クライム サーガ第 2 作目 – 1940~50 年代ニューヨーク州エンパイアベイ

舞台は伝説的な組織犯罪の時代。とあるきっかけでギャングと関わりを持つこととなった男の物語が、最新ゲーム機のリマスターされた HD グラフィックで鮮やかに描き出される。戦争の英雄ヴィト・スカレッタは、父親の借金を返済するためマフィアと懇意になる。友人のジョーとともに、ヴィトは己の実力を証明するため、ファミリーの出世階段を登り詰めていく。より大きな報酬と代償を伴う犯罪に手を染めながら…。

  • 人気作品のコンプリート&リマスター版:クライム ドラマ『マフィア II』がひとつのパッケージに。リマスターされ、目を見張るような 4K 相当の HD のディテールを備えて初登場。
  • 黄金時代を体験せよ:有名なマフィア ドラマに着想を得た本作で、自身がマフィアの一員となり危険で魅惑的な生活に身を委ねよう。
  • ニューヨーク州エンパイアベイ:第二次世界大戦が終わり、ニューヨーク州の都市エンパイアベイでは、戦後アメリカの経済成長を肥やしに犯罪組織が大きく膨れ上がっていた。
  • 『マフィア II コンプリート エディション』には、過去にリリースされた全 3 種類の『マフィア II』キャンペーン追加コンテンツ、全服装アイテム、車両パックが含まれます。
    • キャンペーン追加コンテンツ:ジミーの背信/ジミーの復讐/ジョーの生きざま
    • 服装アイテムと車両パック:ベガスパック/戦場の英雄パック/反逆パック/グリーサーパック
  • 『マフィア II コンプリート エディション』を購入すると、『マフィア コンプリート エ
    ディション』および『マフィア III コンプリート エディション』の両方でヴィトのレザ
    ージャケットと車をアンロック可能。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.