「Dishonored」シリーズを凍結した事実はない、Arkane StudiosのクリエイティブディレクターDinga Bakaba氏が説明

2020年6月1日 12:57 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dishonored」

2017年9月にリリースされた“Dishonored: Death of the Outsider”を以て壮大なストーリーアークが完結し、2018年8月にリードデザイナーRicardo Bare氏が休止状態にあると説明していたArkane Studiosの名作「Dishonored」シリーズですが、先日迎えたスタジオの設立20周年に併せて、Arkaneの共同クリエイティブディレクターDinga Bakaba氏がIGN Middle Eastのインタビューに応じ、“Dishonored”フランチャイズの今後について興味深い見解を提示し話題となっています。

これは、前述の休止状態に関する説明が一部メディアやコミュニティを経て一人歩きし、“Dishonored”シリーズが凍結または保留中であると認識されている現状について、Dinga Bakaba氏が改めて説明したもので、氏はIPを保留しているという噂が大げさであり、誤って引用、或いは過剰に解釈されたものだと強調。可能性が残されていることと現在やっていないことは別の状態であり、同じではないとして、“Dishonored”シリーズを保留や凍結するといった決定はなかったと伝えています。

氏は、“Dishonored”シリーズが今やトランスメディア化し、現在もロアや正史が深く掘り下げられていると説明。カルドウィンとアウトサイダーの物語こそはっきりと完結したものの、この世界にはまだ語られるべきことが沢山残されていると説明しています。

Arkane Studiosが“Dishonored”シリーズの今後について、どんなビジョンを持っているのか、具体的なディテールは不明ですが、氏は一先ずカルドウィンの物語を再訪することはないと断言しており、ビデオゲーム産業の荒波を乗り越え無事に設立20周年を迎えた名門の今後に改めて大きな期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:ComicBook, PlayStation LifeStyle, IGN ME, VG247

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.