Geoff Keighley氏の新作ドキュメンタリー「Half-Life: Alyx – Final Hours」が遂に発売、“Half-Life 3”を含むValveのキャンセルタイトルに関する情報も

2020年7月10日 23:48 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Half-Life: Alyx」

昨年11月の“Half-Life: Alyx”お披露目に併せて、Geoff Keighley氏のライフワークとも言えるドキュメンタリーシリーズの最新作としてアナウンスされた「Half-Life: Alyx – Final Hours」ですが、昨晩遂にインタラクティブな開発ドキュメンタリーストーリーブックとなる本作の販売が開始され、ドキュメンタリーの出自やハイライトを紹介するトレーラーが公開されました。

また、Geoff Keighley氏が自らアプリ版“Half-Life: Alyx – Final Hours”の内容をお披露目するライブ配信のアーカイブが登場しているほか、今回のドキュメンタリーには“Half-Life 3”や“Left 4 Dead 3”を含むキャンセル済みのプロジェクトに関する情報が掲載されており、幾つか興味深い内容が判明しています。

“Half-Life: Alyx – Final Hours”のトレーラー
Geoff Keighley氏が自ら“Half-Life: Alyx – Final Hours”の見どころを紹介したライブ配信のアーカイブ

“Half-Life: Alyx – Final Hours”は、2万5,000ワードに及ぶ情報と未見のイメージ、大量の写真、映像、アンロックを用意したパズル、ヘッドクラブのサウンドミキサー、Valveの歴史をまとめたインタラクティブ年表“Valve Time”、開発フロアの3Dツアー、“Half-Life: Alyx”に出演した俳優リス・ダービーの独占インタビューといったコンテンツを収録しており、価格は1,010円となっています。

また、本作にはこの10年間に生まれては消えていった未発表のキャンセルタイトルに関する情報がまとめられており、以下のような未発表タイトルのラインアップと概要が報じられていますので、詳細が気になる方は“Final Hours”の本編をチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • Half-Life 3:Source 2を使用し、レベル環境のプロシージャル生成を利用した“Left 4 Dead”にインスパイアされ、リプレイ性の高いゲームを目指していた。2013年から2014年に掛けて開発されたが、Source 2エンジンが完成せず、進展が得られなかったことから計画が中止となった。
  • Left 4 Dead 3:モロッコを舞台に設定していたオープンワールドゲーム。数百体のゾンビが登場する可能性があったが、こちらもSource 2エンジンが完成せず頓挫。
  • RPG:The Elder ScrollsやDark Souls、モンスターハンターといった作品からインスピレーションを得たRPGプロジェクト。コンセプト段階から脱することはなかったが、その後DOTAのAxeを主人公とする実験的なシングルプレイヤーRPGとして再始動したが、こちらもその後お蔵入りとなった。
  • A.R.T.I.:“Minecraft”の流れを汲むボクセルベースのタイトルで、オブジェクトの自由な破壊やクリエイトを特色としていた。後にVRゲームとして再始動したものの、“Half-Life: Alyx”の開発が本格化したことでお蔵入りとなった。
  • SimTrek:Kerbal Space Prgramチームのメンバーが開発を担当していたVRゲーム。こちらも“Half-Life: Alyx”の開発が本格化したことでお蔵入りとなった。
  • Shooter:ValveのVRショーケースThe Labの一部として開発されたHalf-LifeテーマのVRシューター。Half-Lifeのテーマパークライドのようなデザインだったが、The Labのリリースに間に合わず頓挫。
  • Borealis:お馴染みMarc Laidlaw氏が開発を率いていたHalf-LifeのVRプロジェクト。Half-Life 2: Episode Twoに登場したBorealis号を舞台にしたものと思われるが詳細は不明。(参考:過去記事
  • Hot Dog:Left 4 Deadの未発表プロジェクト、詳細は不明。
  • Vader:Valveが初めて独自に開発を試みたVRヘッドセット。妥協せず設計されたが、余りに野心的すぎたことでお蔵入りとなった。仮に発売された場合の価格は1台あたり5,000ドルに達する可能性があった。当初は“Half-Life: Alyx”とVaderを同時に発売する構想が存在していた。
情報元及びイメージ:DSOGaming

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.