長年カナダのビジネスを率いたYannis Mallat氏の退社に伴う「Ubisoft Montreal」の新たなスタジオヘッドがChristophe Derennes氏に決定

2020年7月16日 12:34 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Ubisoft」

ビデオゲーム業界全体を巻き込む第2のMe Too運動とも言える大量の告発が続くなか、セクハラやパワハラ、人種差別に関する数多くの告発が相次ぎトップクラスの役員が複数退社し、Yves Guillemot氏が声明を発表する事態となっていた“Ubisoft”ですが、新たにUbisoftが世界最大規模のスタジオの1つである「Ubisoft Montreal」の新たな責任者を発表し、これまで20年以上に渡って同スタジオの開発部門を率いてきたベテランChristophe Derennes氏が“Ubisoft Montreal”の新たなスタジオヘッドに就任したことが明らかになりました。

これは、15年に渡ってUbisoft Canadian StudiosのCEOを務め、MontrealやToronto、Quebec、Saguenay、Halifax、Winnipegスタジオを率いたベテランYannis Mallat氏が、カナダスタジオ全体で発生した不祥事の責任を取りCEOを辞任しUbisoftを退社したことで、後任の責任者が不在となっていたもので、モントリオールを除くTorontoとQuebec、Saguenay、Halifax、Winnipegについては、Ubisoft Worldwide Studiosを率いるChristine Burgess Quemard氏が責任者を務めるとのこと。

Ubisoftの内部告発については、Assassin’s CreedやSplinter Cellの開発を率いたトロントのVP Maxime Béland氏がパワハラで解雇となり、後期Assassin’s Creedシリーズの最重要人物とも言えるAshraf Ismail氏が不倫問題で退社したほか、調査中の案件を含め多数の問題が浮上し、ブランドマーケティングマネジャーやクリエイティブ部門のVPを含む複数の幹部役員が調査を目的とした懲戒休暇に入っており、前述のYannis Mallat氏に加え、グローバルな採用部門のトップCécile Cornet氏と特に告発が多かったクリエイティブ部門のトップSerge Hascoët氏が辞職する状況となっていました。

情報元及びイメージ:GamesIndustry, Gamasutra

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.