Sci-Fiスペースコンバット「Rebel Galaxy Outlaw」の海外コンソールとPC Steam版が発売、ローンチトレーラーも

2020年9月23日 10:52 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rebel Galaxy Outlaw」

先日、海外PS4とNintendo Switch、Xbox OneとPC Steam版の発売日がアナウンスされた初代のプリクエル「Rebel Galaxy Outlaw」ですが、本日予定通り本作の販売が開始され、Double Damage Gamesが、ゲームプレイのハイライトを紹介するローンチトレーラーを公開しました。

コンソールとPC Steam版“Rebel Galaxy Outlaw”の価格は29.99ドル

“Rebel Galaxy Outlaw”は、初代から34年前の宇宙を舞台に、初代の主人公の伯母であるジュノのアウトロー時代を描くプリクエルで、無法者達や爆発、陽気なスペースファイト、魅力的なサウンドトラックを詰め込んだ(前作のテイストを踏襲する)ブルーカラーのスペースアドベンチャーで、ど派手なスペースコンバットや20時間に及ぶラジオ、ビリヤードやダイスポーカーを含むサイドアクティビティを特色としています。

余談ながら、本作の開発を手掛ける“Double Damage Games”は、Torchlightシリーズを生んだRunic Gamesの元社長Travis Baldree氏と元COO Erich Schaefer氏が設立した新スタジオで、Travis Baldree氏はかつてFlagship StudiosでMythosを生んだリードデザイナーであり、一方のErich Schaefer氏はBlizzard NorthでDiabloとDiablo IIを生んだ中心人物の1人、そしてFlagship Studiosの共同創設者を務めた人物として知られています。

Rebel Galaxy Outlaw

ドッジセクターで繰り広げられるドッグファイト、交易、そして冒険。

はぐれ者のジュノ・マルケヴは運も金もない。とある殺し屋を追う彼女は、借金を抱え、行く先々で余計なトラブルに巻き込まれていく。アウトロー、トラック運転手、警官、それに盗人といった、金にうるさく身も心もすさんだ連中が跋扈する『Rebel Galaxy Outlaw』の世界をジュノは乗り越えていかなくてはならない。

個性豊かな宇宙船、薄汚いスペースバーで興じるビリヤード、24時間以上に及ぶBGM、そして手に汗握るドッグファイト。
ドッジセクターでは日々を生きるのさえも容易くない。復讐を追い求める者には尚のことだ。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.