Categories: moviePC

Painkillerの精神を継ぐ期待作「Witchfire」の新たなゲームプレイフッテージが公開、開発はThe Vanishing of Ethan CarterのAstronauts

傑作アドベンチャーThe Vanishing of Ethan Carterを生んだ“The Astronauts”の次回作として、2017年末にアナウンスされた期待のダークファンタジーFPS「Witchfire」ですが、新たにスタジオのボスAdrian Chmielarz氏が最新の進捗を報告する2020秋アップデートを更新し、幾つかの現状と興味深い3本のゲームプレイフッテージが公開されました。

Adrian Chmielarz氏は今回の更新にて、スタジオが2つのマイルストーンを達成したと報告しており、1つが遂に満足のいく(AIとアニメーション、物理演算をミックスしたヒットリアクションを備えた)コア戦闘ループを完成させたこと、もう一つが製品版に近い最終的な品質に近いビルドの断片を作り上げたことだと説明しています。

また、Adrian Chmielarz氏は最終品質の作業について、リモートワークに課題が生じている現状を報告しており、マイルストーン以前の開発作業はリモートワークが有効だったものの、最終品質に取り組むためには、異なるタイムゾーンに点在するメンバーが速やかなチェックやコミュニケーションを図れるよう同じ時間を共有するチーム全体のコア時間を導入する必要があったと説明。さらに、現在ゲームのコアフローに対するデザインとそのプロトタイピングを進めているとのこと。

情報元及びイメージ:The Astronauts