「Call of Duty: Black Ops Cold War」と“Warzone”、“Modern Warfare”の連携に関するディテールが国内向けにアナウンス

2020年11月11日 11:59 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Modern Warfare」

2020年11月13日の世界ローンチがいよいよ目前に迫るTreyarchの人気シリーズ最新作「Call of Duty: Black Ops Cold War」ですが、新たにActivisionが国内向けのプレスリリースを発行し、「Call of Duty: Black Ops Cold War」と「Call of Duty: Warzone」、さらに「Call of Duty: Modern Warfare」間で共有されるプログレッション情報の解禁をアナウンスしました。

タイトル間で進行を共有する3作品の同期は、12月10日(太平洋時間)のシーズン1始動に併せて開始される予定となっていますので、気になる方はシリーズ初の試みとなるシステムの詳細をまとめた公式サイトの情報を確認しておいてはいかがでしょうか。

Call of Duty: Warzone™の未来:Modern WarfareとBlack Ops Cold War

11月13日のリリース、およびその後のシーズン1のリリースにあわせて、 基本無料プレイの『WARZONE』に新たな『Call of Duty: Black Ops Cold War』のコンテンツが登場します。

『WARZONE』は『Call of Duty: Modern Warfare』および11月13日にリリースされる『Call of Duty: Black Ops Cold War』の両タイトルでプレイ可能です。12月10日(太平洋時間)に始まるシーズン1より、史上初めて、『Black Ops Cold War』、『Modern Warfare』、『WARZONE』のタイトル間で、ゲームの進行状況が相互に同期されるようになります。『Black Ops Cold War』のゲームの進行状況は『Modern Warfare』でお馴染みのもので、プレステージシステムによる、やりがいのあるゲームプレイを楽しみながら、さらなるコンテンツを獲得できます。

『Black Ops Cold War』リリース後に、『Modern Warfare』の全ての武器と『Black Ops Cold War』の新登場の武器が『WARZONE』で利用可能になり、設計図や迷彩バリエーションもあわせて利用可能になります。さらに、全てのゲームで武器を組み合わせてレベルを上げられます。

引き続きバトルパスも利用可能で、シーズン1では『Black Ops Cold War』と『WARZONE』向けに大量の新コンテンツが登場します。3つのタイトルのいずれをプレイしても、バトルパスを進められます。アンロックしたバトルパスのコンテンツは、どのゲームをプレイしていてもゲーム内に表示されます。

詳細はこちらのCall of Duty Blogをご覧ください: https://www.callofduty.com/ja/blog/2020/11/The-Future-of-Call-of-Duty-Warzone-1

情報元及びイメージ:プレスリリース, Call of Duty

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.