「ヴァンパイア:ザ・マスカレード」のバトルロイヤルゲームが正式アナウンス、開発は“The Division”の中心人物達が設立したスウェーデンの“Sharkmob”

2020年11月2日 11:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Vampire: The Masquerade」

2018年3月に設立が報じられたスウェーデンの新スタジオ“Sharkmob”が、週末にデビュー作のティザートレーラーを公開し、なんと「ヴァンパイア:ザ・マスカレード」のバトルロイヤルゲームを手掛けていることが明らかになりました。

Sharkmobの“ヴァンパイア:ザ・マスカレード”バトルロイヤルの正式な名称や対応プラットフォームは不明ですが、2021年後半のリリースを予定しており、プラハを舞台に吸血鬼達の様々な氏族が戦うほか、吸血鬼達の殲滅を図る敵対勢力との対立を盛り込むことが判明しています。

トレアドールやブルハーらしき氏族の激突に加え、(前述の敵対勢力である)第二審問の登場も確認できるハイクオリティなCGIティザーは以下からご確認ください。

余談ながら、マルメに拠点を置く“Sharkmob”は、かつてMassive EntertainmentのCEOとして“Tom Clancy’s The Division”の開発を率いたFredrik Rundqvist氏の新スタジオで、Snowdropエンジンの開発を率いた技術ディレクターAnders Holmquist氏、The DivisionのIPディレクターを務めたMartin Hultberg氏、同じくThe Divisionのディレクターとプロデューサー、技術ディレクターを兼任したPetter Mannerfelt氏に加え、Io-InteractiveでHitmanのブランドアートディレクターを務めたRodrigo Cortes氏など、錚々たる面々の在籍が報じられていました。

一部の僅かなトップランナー以外、非常に困難な状況が続いているバトルロイヤルジャンルですが、AAA分野で活躍したベテラン達が集う“Sharkmob”が今回の新作に一体どんな打開策を用意しているのか、来る本格的なお披露目に期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:All Games Delta, Gematsu, Sharkmob

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.