Steam/GOG向けの解禁が迫る「Phoenix Point: Year One Edition」のトレーラーがお披露目、多数のDLCや特典を同梱する新エディション

2020年12月1日 18:45 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Phoenix Point」

昨年12月3日にEpic Gamesストア向けのローンチを果たしたJulian Gollop氏率いるSnapshot GamesのSci-Fiターンベースストラテジー「Phoenix Point」ですが、Epicの独占終了に伴うSteamとGOG向けの解禁が迫るなか、新たにSnapshotが本作のベースゲームと2つの拡張DLC、武器パック、サウンドトラック、デジタル特典等を同梱する新エディション「Phoenix Point: Year One Edition」のリリーストレーラーを公開しました。

X-comの父Julian Gollop氏が自ら開発を率いたXCOM系のハードコアストラテジーが気になる方はトレーラーと同梱コンテンツのラインアップを確認しておいてはいかがでしょうか。

Phoenix Point: Year One Editionに同梱されるコンテンツ

  • Phoenix Pointベースゲーム
  • Living Weapons Pack DLC
  • Blood & Titanium DLC
  • Legacy of the Ancients DLC
  • Phoenix Pointデジタルサウンドトラックアルバム
  • デジタルエクストラ
  • デジタルゲームマニュアル
  • デジタルアートブック
  • デスクトップ用壁紙
  • 短編アンソロジー“The Compendium”(デジタル)

Phoenix Point

『Phoenix Point』の世界では突然変異するエイリアンの脅威を退け、奪われた地球を取り戻す決死の戦いに挑まねばなりません。自動生成されるマップでのターン型の戦闘や世界規模での資源管理などにより、『Phoenix Point』は何度でも周回でき、そのたびに攻略しがいのあるプレイを楽しめます。

地球全土での環境災害の後、Pandoravirusが出現し、人間を含む生物を見るも恐ろしいミュータントへと変えてしまう。このウィルスの広がりを止めることができず、人間の文明のほとんど全てが滅亡の危機にさらされた。生き残った少数の人々は、考えかたの相違と広大な土地に隔てられ、散り散りになってしまう。今となっては、遠い昔に作られた世界規模での災害復興計画である「Phoenix Project」だけが、人類が団結し、この惑星を取り戻す最後の希望だった。

あなたに課せられた責務は、Phoenix Pointにある基地からPhoenix Projectを率いることにある。新たなテクノロジーを研究開発し、作戦を計画し、同盟を組織して、地球を統一せよ。同盟なんてイヤだという場合には、ライバルを駆逐していっても構わない。この惑星を救い、文明をもう一度繁栄させられるかどうかはキミの双肩にかかっている。ただし、エイリアンの脅威には、何かしらうさんくさいところがあるようだ。

  • 変異するエイリアンの脅威:あなたの戦い方に対応して変化し、チームの強さや技術の高さをものともしないエイリアンの脅威に立ち向かえ。
  • Pandoravirusの秘密をあばけ:『Phoenix Point』には、複数回プレイしなければ解き明かすことができないマルチエンディングの複雑なストーリーが用意されている。探索や外交、研究を通じて、ミュータント発生の原因であるPandoravirusとPhoenix Point自体の起源を学ぶことで、隠された歴史を紐解け。
  • 外交関係の維持:地球の奪還を目論む組織はPhoenix Projectだけではない。好戦的な軍事至上主義New Jerichoや神秘的なDisciples of Anu、ハイテク至高主義のSynedrionは、それぞれ協力時には恩恵を敵対時には脅威をもたらす。こうした相手とどのように関わり合うか、あるいは関わり合いにならずにいるかを決めるのはプレイヤー自身だ。
  • 戦場で狙いをさだめよ:ユニットの装備準備や指示以外にも、『Phoenix Point』ではユニークなフリーエイムシステムを使って戦闘中の兵士の射撃を直接操作することができる。敵の弱点や武器、希少物資を狙うか、あるいはとりあえず真ん中を狙ってぶっ放すかはキミ次第だ。
  • おなじみのジャンルと次世代テクノロジーの融合:『Phoenix Point』は1990年代に人気を博した『X-COM』シリーズのクリエイターであるJulian Gollopがゲームデザインを担当。『X-COM』の核の部分はそのままに、ビジュアルやテクノロジー、システムを最新のものにアップグレードした『Phoenix Point』はこのジャンル最高の出来を誇る。
情報元及びイメージ:Epic Games

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.