Update:UbisoftとLucasfilm Gamesが「スター・ウォーズ」の新作を発表、開発はThe DivisionのMassive Entertainment

2021年1月13日 23:50 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp

UPDATE:1月13日23:50

新たにUbisoftがLucasfilm Gamesとの提携を正式に発表し、Massive Entertainmentの「スター・ウォーズ」新作がストーリー重視のオープンワールドゲームであることが明らかになりました。

以下、Ubisoft公式Twitterの発言を追加した本文となります。

「Massive Entertainment」

昨日、Lucasfilm Gamesの大々的な復活の発表を経て、Todd Howard氏が製作総指揮を務める“インディ・ジョーンズ”の新作がアナウンスされ、大きな話題となりましたが、先ほどWiredがUbisoftとLucasfilm Gamesの提携を報じ、今度はなんとMassive Entertainmentが「スター・ウォーズ」の新作を手掛けていることが明らかになりました。

今のところ、Massiveが開発を手掛ける“スター・ウォーズ”新作のディテールは不明ですが、“The Division 2”や“The Crew”のディレクターJulian Gerighty氏が開発を率いるほか、Massiveの内製エンジンであるSnowdropの採用が決定しているとのこと。

なお、スター・ウォーズのコアゲームについては、2013年5月以来、EAが独占的なライセンスを所有していましたが、Wiredのインタビューに応じたDisneyのグローバルゲームとインタラクティブ経験部門のVP Sean Shoptaw氏によると、EAは今後も戦略的に重要なパートナーであるものの、ディズニーは他の企業にもゲームを開発する余地があるのではないかと考えていたと伝えており、10年とされたEAの独占契約が終了したものと見られています。

また、提携のアナウンスに併せてUbisoftのCEO Yves Guillemot氏がコメントを発表。スター・ウォーズの伝説の一部となる世界やキャラクター、ストーリーの構築はUbisoftにとって信じがたいほどの大きなチャンスであり、MassiveがLucasfilm Gamesと密接に協力し、従来とは異なる“スター・ウォーズ”の冒険を手掛けることに興奮していると伝えています。

なお、Massive Entertainmentは“Tom Clancy’s The Division 2”の運用を進める一方で、“Battlefield”シリーズの立役者Patrick Bach氏率いるUbisoft Stockholmと共に“アバター”シリーズの最新作を手掛けており、一体どんな規模の“スター・ウォーズ”タイトルが登場するのか、立て続けに大きな発表を打ち出したLucasfilm Gamesの動向と併せて、続報に大きな期待が掛かる状況となっています。

情報元:Wired

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.