韓国の大都市やエジプトの砂漠を含む「Battlefield 2042」のマップ7種がお披露目、固有の能力を持つスペシャリストの情報も

2021年6月10日 0:59 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Battlefield」

先ほど、待望のお披露目を果たし、様々なディテールが判明しているシリーズ最新作「Battlefield 2042」ですが、新たにSIEが国内PlayStation.Blogを更新し、本作に登場する7種の大規模マップとスペシャリスト4名のラインアップが明らかになりました。

最新作のスペシャリストは、従来の兵科をベースにそれぞれ(グラップリングフックやセントリーガン等を含む)固有の能力を2種備えており、ローンチ時に10人が登場するほか、Year1のシーズン進行に応じて4名の新スペシャリストが導入される予定となっています。

韓国の大都市やギアナのロケット発射場、インドの船舶解体工事現場、緑化された農業エリアを含むエジプトの砂漠など、興味深いロケーションが並ぶマップの外観とラインアップは以下からご確認ください。

ストーリー

変化を遂げた世界へようこそ

ときは2042年、世界は転換期。食料、エネルギー、清潔な水の不足が、多くの国を崩壊させ、人類史上最悪の難民危機に陥れていた。帰る国のない者たち、あるいは指導者のいないこれらの人々の中には、家族をもつもの、農民、エンジニア、兵士もいる。この危機のさなか、アメリカとロシアは世界を全面戦争へと引き込んだ。行き場を失っていたスペシャリストは両陣営につき、ひとつの旗の下ではなく、属する国のないものの未来のため、この新たな世界で戦いへと身を投じる。

主な特徴

特筆すべき3つのマルチプレイヤー体験

全面戦争:人気の「コンクエスト」と「ブレークスルー」モードが、シリーズ最大のマップと初のプレイヤー数128人を導入して次世代の体験へ。荒れ狂う気象や環境危機、目を見張る世界の出来事にあふれるマップ上でかつてない壮大なスケールの緊張感あふれる全面戦争を体験できる。

ハザードゾーン:「バトルフィールド」シリーズの中でも全く新しい予測不能な分隊ベースのゲームプレイは、DICEらしい現代的なマルチプレイヤー体験でありながら、全面戦争の「コンクエスト」や「ブレークスルー」モードとは大きく異なる。

第3の体験:DICE LAが開発している第3の体験は、シリーズにとってエキサイティングな新しい体験となるだろう。「バトルフィールド」ファンへのラブレターともいえるこの体験は、長年のプレイヤーにとっては懐かしさを覚えるものになるだろう。7月22日(木)のEA Play Liveで公開される詳細に注目しよう。

スケールとマップ

『Battlefield 2042』のマップは次世代の「バトルフィールド」のために構築されている。新技術により、これまでの「バトルフィールド」にはなかった広大なマップがデザイン可能となった。このスケール感がプレイヤーの選択肢と創造性を広げ、素晴らしいゲームプレイ体験をもたらすだろう。

PS5では、128人での「コンクエスト」と「ブレークスルー」が可能。PS4では64人の戦闘およびマップに最適化し、こちらも最高のバトルが楽しめる。

『Battlefield 2042』には、全面戦争のマルチプレイヤー体験のための7つのマップが搭載される。

「Battlefield」

カレイドスコープ:韓国のソンドに位置し、この地の部隊は世界のネットワークが攻撃された後、偽情報ハブを利用した量子コンピューターをコントロールするために戦う。

「Battlefield」

マニフェスト:シンガポールのブラニ島。プレイヤーは、アメリカへの物資の供給の生命線となっているこの地で、世界貿易が阻まれ、極めて深刻な一触即発の地となっていることを目にするだろう。

「Battlefield」

オービット:フランス領ギアナのクールーに位置する。物議を引き起こしている宇宙へのロケット打ち上げが迫り、ロケット発射場をめぐる戦いがこの地で起こっている。

「Battlefield」

ディスカード:インドのアランに位置する。この地では、不正な核資源を確保するために戦う船舶解体者たちの派閥が異常潮汐に直面する。

「Battlefield」

リニューアル:エジプト東部砂漠。プレイヤーは、エジプトの砂漠地帯で、革新的な農業テクノロジーセンターを手に入れるために戦う。

「Battlefield」

アワーグラス:カタールのドーハに位置する。流砂と迷い込んだ輸送部隊が街の中心地を分断する。

「Battlefield」

ブレイクアウェイ:南極のドロンニング・モード・ランド。産業が自然を破壊し氷が崩れ、危機に追い込まれる中、兵士たちは石油とガスをめぐって戦う。

スペシャリスト

プレイヤーは、本シリーズの全く新しいプレイアブル兵士として登場する「スペシャリスト」の軍に参加する。過去の4つの「バトルフィールド」の兵科にインスパイアされた「スペシャリスト」はその性格と併せてユニークな「スペシャリスト特性」と「専門技能」を持ち、装備は完全にカスタマイズが可能だ。

『Battlefield 2042』では、下で紹介する4人のスペシャリストとあわせて、発売時には10人の「スペシャリスト」が登場する。

ウィカス・ヴァン・デール コードネーム:キャスパー

「Battlefield」

斥候兵のウィカスは一匹狼であり、タスクフォース内でも決して動じない強い精神力を持っている。ウィカスは内向的で人付き合いを避けているが、より良い世界を実現するために戦うという強い信念を持っている。

  • 誕生地:南アフリカ
  • 兵科:斥候兵
  • 専門技能:OV-P偵察ドローン
    • 周囲の動く標的をスポットし、EMPで敵を混乱させることができる。さらに、ロックオン武器用にターゲットを指定することもできる。
  • 特性:モーションセンサー
    • 地上にいる間も、偵察ドローンを操作中も、プレイヤーに敵の接近を警告してくれる。

ウェブスター・マケイ

「Battlefield」

元軍人で一匹狼のサバイバリストであるマケイは良心あふれる手ごわい兵士だ。カナダ生まれの突撃兵で、軍隊に所属していた頃の過去の出来事を悔いてノン・パトリエイトのために戦っている。

  • 誕生地:カナダ
  • 兵科:突撃兵
  • 専門技能:グラップリングフック
    • 壁面に吸着するロープを発射する。その後ロープを巻き取り、自分を吸着位置まで引き寄せる。
  • 特性:俊敏
    • 銃のサイトを覗いたまま素早く移動することが可能で、スピード関連の優位性がさらに高まる。

マリア・ファルック

「Battlefield」

ベテランの援護兵であるマリア・ファルックは危険や恐怖、階級をものともしない強い意志を持っている。この優れた衛生兵が戦う一番の動機は、世界中に分散したノン・パトリエイト集団の中で息子のデイビッドを探すことだ。

  • 誕生地:ドイツ
  • 兵科:援護兵
  • 専門技能:注射器ピストル
    • 味方に注射器を発射して回復させる。注射器は敵に発射すればダメージを与えられる。
  • 特性:軍医
    • ダウンした味方を蘇生してライフを全快させて戦闘に復帰させられる。

ピョートル・ガスコヴィスキィ コードネーム:ボリス

「Battlefield」

独自の目的を持って行動するボリスは混沌に包まれた世界で権力と支配権を握ろうとしている。ロシア生まれの工兵で、タスクフォースの経験豊富な武器のエキスパートだが、チームに帯同する真の目的には疑問が残る。

  • 誕生地:ロシア
  • 兵科:工兵
  • 専門技能:SG-36 セントリーシステム
    • 特定のエリア内で検出された敵を自動的にスポットして攻撃する。
  • 特性:セントリーオペレーター
    • セントリーガンが敵にロックオンすると対象をスポットする。

武器とビークル

2042年という時代設定により、「最先端」技術が戻ってくる。新たな近代的なハードウェアによってSandboxが進化。さらに新しい機能がプレイヤーのQOLを向上させる。

新たな「Plus System」がリアルタイムでの武器のカスタマイズを可能にし、すぐに調整し対応することができる。プレイヤーが置かれた状況により、武器のスコープ、バレル、弾薬の種類やアンダーバレルアタッチメントを変えることが可能。

『Battlefield 2042』ではあらゆる乗物を、タブレットひとつでマップ上のどこにでも呼び出すことができる。また、ビークルのすべての座席が戦闘での重要な役割をもつことでさらなるチームプレイが可能。対空シートから、監視席、射撃席までより多くのプレイヤーがビークルに乗ることができ、部隊にとってさらにチャンスが広がる。

ライブサービス

『Battlefield 2042』発売後は、無料バトルパスと、有料プレミアムバトルパスの両方がシーズンごとに発表予定だ。各シーズンでは世界の物語が進行し、新たなコンテンツがゲームに加わり続ける。プレイヤーは常に新たな何かを追い続けることができる。

1年目は4つのシーズンが登場する予定だ。4つのバトルパス、4人の新しいスペシャリストと新たなロケーションがさらに新鮮なコンテンツと共に登場する。

情報元及びイメージ:PlayStation.Blog, Battlefield

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.