ObsidianのファンタジーRPG「Avowed」と“The Elder Scrolls”シリーズには大きな違いがある、Phil Spencer氏が言及

2021年7月6日 11:55 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Avowed」

“Pillars of Eternity”シリーズのEora世界が舞台となる一人称視点のファンタジーRPGとして、2020年7月にアナウンスされたObsidian Entertainmentの期待作「Avowed」ですが、未だ謎の多い最新作の続報が待たれるなか、新たにPhil Spencer氏がIGNのポッドキャストUnlockedに出演し、“Fable”の最新作や“Avowed”の方向性に言及し話題となっています。

参考:昨年お披露目された“Avowed”のアナウンストレーラー

“Avowed”がObsidian EntertainmentによるTESシリーズ的な作品として期待されている状況について言及したPhil Spencer氏は、Avowedがコアなファンタジー世界を舞台にしたRPG作品であるものの、Pillars of EternityのEora世界とTESの伝統的な作品の間には明らかに異なる点が多く存在すると語り、二つの作品は全く異なるものだと考えていると強調しています。

(※ Phil Spencer氏が言及した“異なる点”の具体的なディテールは不明。余談ながら、PoEシリーズで描かれたEora世界とTES世界には何れも緻密に構築された長大な歴史や設定が用意されているが、確かに大きな違いが幾つか存在する。最も大きな要素として、Eora世界には魂を機械的に循環させる輪廻転生のような仕組みが存在している。また、PoEシリーズには火薬や銃が存在するが、現段階で“Avowed”が2万年近い歴史を持つEora世界のどの時代を描いているかは提示されていない)

一方、Xboxが“The Elder Scrolls”や“Fable”、“Avowed”を含む幅広い本格的なファンタジーRPGのラインアップを保持するなかで、“Avowed”の位置づけに言及したPhil Spencer氏は、“Avowed”がさらにコアなファンタジーRPGへの素晴らしい入り口になるだろうと伝えています。

なお、2016年に閉鎖となったLionhead Studiosの後を継いで、Forza Horizonシリーズでお馴染み“Playground Games”が開発を担当する新生“Fable”のアプローチについて言及したPhil Spencer氏によると、新生“Fable”はかつてピーター・モリニューが開発を率いたオリジナルと同じく、英国風のユーモアと軽快さを維持しているとのこと。

情報元及びイメージ:GamesRadar, PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.