Categories: businessculture

Update:かつての名門「Interplay Entertainment」が復活を予告、まもなく何らかの発表が行われる予定

UPDATE:7月28日12:04

新たに今回話題となった「Interplay Entertainment」(と見られる何か)が新たな声明を発表し、この声明に関する話題と本物の“Interplay Entertainment”が当該アカウントをなりすましと指摘した件について、続報記事を掲載しました。本件の動向が気になる方は新たな記事をご確認ください。

以下、続報更新前の本文となります。

かつて、Baldur’s GateやFalloutといった数々の名作を世に送り出した名門として一世を風靡したものの、2001年以降は事実上の閉鎖に近い状況が続いている「Interplay Entertainment」ですが、新たにスタジオのTwitterが“Interplay”の復活を掲げ、現地時間の7月28日に何らかの発表を予定していることが明らかになりました。

今のところ、この新しい“Interplay”が何を意味するのか、その詳細は不明ですが、一先ず2021年10月にビジネス的なリローンチを予定していることが判明しています。

なお、“Interplay”の父Brian Fargo氏(現InXile Entertainmentのボス)がこの件に言及しており、自身がこの発表に関与していないことを明言しています。

余談ながら、2001年以降の“Interplay”は、破産による再編や“Fallout”IPを巡るBethesdaとの泥沼裁判、中身のない復活宣言、名門“Black Isle Studios”の再建を掲げた詐欺まがいのプロモーションなど、目を覆わんばかりのトラブル続きで、2016年にはEarthworm JimやDark Alliance、Descent等を含む70種ものIPやアセットを売却し話題となっていました。