Categories: moviePC

2年に渡る早期アクセス運用を終える第二次世界大戦シューター「Hell Let Loose」のPC製品版1.0が遂にリリース、ローンチトレーラーも

オーストラリアのシドニーで活動するインディデベロッパ“Black Matter”のデビュー作としてアナウンスされ、2019年6月にSteam Early Access版がリリースされた第二次世界大戦シューター「Hell Let Loose」ですが、本日遂に迎えるアップデート10の配信と製品版1.0リリースに併せてパブリッシャーTeam17が本作のローンチトレーラーを公開しました。

製品版1.0のアップデート10は、新たなプレイアブル勢力となるソ連軍と関連武器/ビークル、新マップ2種(クルスクとスターリングラード)、SMDMやアーマー機能のオーバーホール、大量の修正と改善といった要素を特色としています。

“Hell Let Loose”の製品版ローンチトレーラー

また、製品版ローンチに併せて、2021年と2022年のロードマップが公開されており、多数の武器や拡張、新勢力、ゲームモード、キャンペーンモードなど、多彩な新コンテンツを順次導入することが判明しています。

“Hell Let Loose”の新たなロードマップ、画像は原寸大のイメージにリンクしてあります

拡大し続ける Hell Let Loose の戦闘に参加しよう。本作は、第二次世界大戦を舞台にしたハードコアな一人称視点シューティングです。歩兵、戦車、大砲、ダイナミックに変化していく戦線、そしてリソースベースの RTS に着想を得たユニークなメタゲームで、100人のプレイヤーが壮大な戦いを繰り広げます。

Carentan、Omaha Beach、Foy など、西部戦線の最も象徴的な戦場で戦おう。これは未知なるスケールの戦闘です… ミシミシと重く進む戦車が戦場を支配し、生死の分かれ目となる供給網が前線にエネルギーを与える。プレイヤーは巨大な複合軍備戦争という機械の歯車になるのです。操作可能な車両、ダイナミックに変容してゆく戦線、そして勝敗の行方を支配するのは、ユニットに焦点を当てた生死を分けるゲームプレイ。これらのディープな要素を備えた Hell Let Loose で、戦争の混沌へ身を投じましょう。

本作は実際の偵察画像と衛星データをモデルにした、9種類以上の広大なマップが舞台です。戦場全体がいくつもの大きな占領セクターに分割されており、緊張感に満ちた独自のゲームプレイを毎回楽しめます。50人編成の2チームが、野原、橋、森、市街地などの変容し続ける戦線で死闘を繰り広げます。セクターが占領されると、チームに対して3つのリソースのうち1つが生成されます。そこで複雑なメタゲームが生まれ、チームの勝利に影響していくのです。

壮大な戦場の物語

広大なマップを駆け巡り、50対50のマルチプレイで戦場に突入。歩兵、偵察部隊、装甲部隊に属する、14種類の役割から1つ選びましょう。それぞれ異なる武器、車両、装備が用意されています。将校、偵察兵、マシンガン射手、衛生兵、整備士、戦車司令官などの任務に就いて、第二次世界大戦のあらゆる戦闘要素を体感してください。

ハードコアなゲームプレイ

Omaha Beach、Carentan、Foy など、第二次大戦を象徴する9種類以上の戦場を舞台にした戦いが、Hell Let Loose の中核を担います。歴史上の車両、武器、制服は細部まで緻密に作り込まれており、戦闘は残忍で血なまぐさい当時の様子が再現されています。戦闘は、現実の戦場そのままの縮尺で作成した巨大マップ上で繰り広げられます。アーカイブの航空写真と衛星画像を使用したマップは、Unreal Engine 4 で驚くほど詳細まで現実を反映させています。

共に闘い、共に勝とう

Hell Let Loose は、キル・デス比を争うことが目的ではありません。チームワークがゲームプレイの要です。そのため、コミュニケーションが必要不可欠になります。プレイヤーは将校や指揮官の指示に従って、戦場で戦略的ターゲットを奪い、敵を圧倒していきます。Hell Let Loose は、勝つためだけでなく、生き残るためにもチームワークとコミュニケーションが必要なゲームです。

ユニークなメタゲーム

進化を続ける大規模な戦場で、敵陣を突破し勝利を目指そう。セクター占領のユニークなメタゲームでは、どこを攻撃しどこを守るか、常にチームで大きなな戦略的決定を下さなければなりません。リソースや物資を管理して、支援、爆撃、新しい車両、機銃掃射攻撃、防衛拠点の補強や側面攻撃に利用したりしましょう。戦略が成功の鍵となります。

主な特徴

  • 50対50のマルチプレイで争う壮大な戦い。
  • 2種類のゲームモード – オフェンシブモードとウォーフェアモード
  • 9種類のマップ + ぞくぞく追加されるマップ – Omaha Beach に上陸し、Carentan を突破し、Foy の凍れる森に分け入って Hill 400 を登りましょう。
  • 同じ戦闘は二度とない – マップごとに99個の占領ポイントがあるので、戦闘のパターンは数千にも及びます。
  • 14種類のユニークな役割の中から1つ、または複数選んで極めよう。主な役割:将校、衛生兵、マシンガン射手、司令官、戦闘員、狙撃兵など。
  • 継続的にアップデートされる新マップ、武器、機能、バグ修正。
  • 忠実に再現された弾道とリコイルパターンが生み出す、満足感のある熟練のガンプレイ。
  • インゲームの近接 VoIP、コマンド VoIP、ユニット VoIP を導入。
  • 残虐な戦闘 – 重火器で敵も味方もバラバラに。
  • 成長を続けるプレイヤー – 個々の役割やプレイヤーをレベルアップさせると、新しいユニフォーム、ロードアウト、その他のカスタマイズオプションがアンロックされます。積み上げてきた経験を、皆に見せつけよう。
  • タイガー、シャーマン、スチュアート、ピューマなど、第二次世界大戦に登場した膨大な数の車両を操縦しよう。追加の車両もぞくぞく登場予定。
  • 対戦車砲や大砲などの重火器を掌握して、戦場の敵を爆撃・一掃しよう。
  • 戦場に防衛線を張り、陣地を固めよう。
  • チームワークを駆使して敵の前線を粉砕し、勝利へ向かって押し進め。
  • 司令官として、戦略的マップを介して自分の軍隊を編成し、さまざまな能力を駆使してチームを勝利に導こう。
情報元及びイメージ:Wccftech, gamespress