Categories: businessculture

Update:現段階で「Titanfall 3」に関する計画や準備は何も存在しない、RespawnのJason Garza氏が言及

UPDATE:9月23日17:22

新たにRespawn Entertainmentが各所で報じられている「Titanfall」最新作の話題について、一部でRespawnが“Titanfall”を軽視しているかのように思わせる論調に対し反論。“Titanfall”は今もRespawnのDNAの根幹をなす作品だと強調しました。

ただし、RespawnはJason Garza氏と同じく“今後の事はだれにも分からないが……”と伝えています。

以下、Respawn EntertainmentのTwitter発言を追加した更新前の本文となります。

2019年2月にEAが新作の登場を予告し話題となったものの、その後の続報が途絶えたまま計画そのものが頓挫したと見られている「Titanfall」シリーズ最新作ですが、EAが何度か復活を示唆しているフランチャイズの動向に期待が掛かるなか、新たにRespawnのコミュニティコーディネーターJason Garza氏が“Titanfall”の今後に言及。現段階で新作に関する計画や準備は何も存在していないと強調し話題となっています。

これは、Jason Garza氏が“Morning tea with Jason”の最新エピソードでファンの質問に応じ明らかにしたもの。何も期待しないで欲しいと語ったJason Garza氏は、Respawn Entertainmentが現在開発を進めているゲームが多すぎることから、とにかく“Titanfall”に関する計画は全く何もないと繰り返し説明しています。

なお、Jason Garza氏は予てから問題を抱えているPC版“Titanfall”と“Titanfall 2”についても言及しており、具体的な詳細を伏せた上で、何らかの改善に繋がる取り組みを進めていると明らかにしています。

余談ながら、“Titanfall”の新作については、Respawn EntertainmentのボスVince Zampella氏が2020年時点で新作の計画が存在しないことを明言した上で、いつか新作の開発とフランチャイズの復活に取り組みたいと語っていた一方で、昨年8月にはEAのCFO Blake Jorgensen氏が新作の登場に前向きな見解を提示していたほか、今年3月にはEA社内スタジオの運用を率いるチーフスタジオオフィサーLaura Miele氏が“Titanfall”の未来とクリエイティブについて、Respawn Entertainment自身がその手綱を握っていると伝えていました。

参考:Morning tea with Jasonの最新エピソード、Titanfallに関する言及は放送の最後

情報元及びイメージ:GameSpot, PC Gamer