Zeno Clash世界が舞台となる新作アクション「Clash: Artifacts of Chaos」の開発映像が公開

2021年9月15日 22:56 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Clash: Artifacts of Chaos」

Zeno Clashシリーズの“ゾノゼイク”が舞台となるACE Teamの次回作として、今年7月にアナウンスされ話題となった新作アクションアドベンチャー「Clash: Artifacts of Chaos」ですが、2022年の発売に期待が掛かるなか、新たにACE Teamが本作初の開発映像を公開。スタジオの共同創設者で数々の独創的な作品を生んだBordeu3兄弟が本作の概要やコンセプトについて語る興味深い映像が登場しました。

“Clash: Artifacts of Chaos”初の開発映像

“Clash: Artifacts of Chaos”は、Zeno Clashシリーズと同じ架空のファンタジー世界“ゼノゾイク”が舞台となる一人称/三人称視点の近接格闘アクションアドベンチャーで、3人プレイ可能なマルチプレイヤーをはじめ、異形のキャラクター達、ゾノゼイクの古い掟である双六といった要素を特色としており、PS4とPS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC向けの新作として2022年の発売を予定しています。

参考:先日公開された“Clash: Artifacts of Chaos”のアナウンストレーラー

主人公の名はスエド。ゼノゾイクで世捨て人として生きる強靭な戦士だ。だが、その運命が『混沌の遺物』と交差したとき、全てが一変する。世界を探索しながら敵を薙ぎ払え。だが、『儀式』の聖なる掟を忘れることは許されない。

ゼノゾイクの謎

一歩足を踏み入れると、そこに待っているのは奇怪で、全てを拒絶する世界。旅路の途中で出会うは異様なキャラクターたち。見渡す限りに広がる絶景を巡りながら、古き時代の謎を解き明かせ。

護る者、護られる者

スエドは畏怖されるほどの戦士である。自分を律しているように見える彼だが、その精神は自身の記憶に苛まれており、文明から隔絶された生活を送っている。静かな生活は、孤児の幼い少年と出会って一変する。尋常ではない治癒力を宿したその少年は、遺物の女王『ジェミニ』から目をつけられてしまう。少年を危険に晒したまま、置き去りにすることなどできない。スエドは少年を護り抜くことを誓う。その先には、さらに強大な軍勢が待ち受けているとは知らずに。

ただ一つの法

ゼノゾイクで通用する法はただ一つ。古き時代の習慣に則り、闘いの掟は、異能を宿した遺物を使う双六によって決められる。勝利を掴むためには、遺物の力を最大限に活用する方法を探り、変化し続ける『儀式』の掟に従って戦い抜くしかない。

格闘

拳と拳の戦いで勝利するためには、ありとあらゆる古き時代の技を会得しなければならない。どれだけ強い戦士でも例外なく、逆手に取れる弱点を宿している。掴む、防ぐ、動きを止める、攻撃を交わす…好機を掴み取るたびに、勝利へと一歩近づく。しかし、失敗は命取りとなる。強靭無比な敵を沈めるためには、己の技に磨きをかける外ない。

一夜、無限の星

毎晩、眠りについたスエドは血気溢れる夢を見る。あまりにも鮮明なその夢は、現実へと侵食してくる。神秘なる夢の世界へと踏み込み、マルチプレイヤーアドベンチャーへと出発せよ。最大3人のプレイヤーたちと協力するもよし。闘技場で戦いを挑むもよし。

情報元及びイメージ:Gamespress

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.