Categories: moviePC

アーサー王伝説を描くダークファンタジーストラテジー「King Arthur: Knight’s Tale」の製品版ローンチが2022年2月15日に決定

アーサー王伝説のその後を描く新作として、昨年10月にアナウンスされ、今年1月下旬にSteam Early Access版の販売が開始されたNeocoreGamesの新作「King Arthur: Knight’s Tale」ですが、新たにNeocoreGamesがSteamページを更新し、2022年2月15日に待望の製品版ローンチを果たすことが明らかになりました。

“King Arthur”や“The Incredible Adventures of Van Helsing”シリーズ、“Warhammer 40k: Inquisitor – Martyr”で知られるNeocoreGamesの新作「King Arthur: Knight’s Tale」は、ペンドラゴンやアーサーを描いた従来のシリーズとは異なり、黒騎士モルドレッドを主人公にアーサー王伝説のその後を描くダークファンタジー作品で、アヴェロンで邪悪な不死の存在となり、島を脅かす存在となったアーサー王に真の死を与えるため、湖の乙女がモルドレッドを蘇らせる興味深いオリジナルストーリーを描くほか、X-Com風のターンベースストラテジーとRPGのハイブリッドシステム、道徳な選択が大きな変化をもたらすローグライト要素、30名を超える多彩なヒーロー、キャメロット城の再構築、神話の存在達と戦うキャンペーン終了後のエンドゲームコンテンツ、フォトグラメトリーやDX12を使用する最新のPBRエンジンによる高品質なグラフィックスを特色としています。

新たに公開されたクラスとキャラクター、アーティファクトの解説映像

なお、NeocoreGamesの報告によると、製品版ローンチに先駆けて、12月にKickstarterキャンペーンのストレッチゴールで実装が決定していたPvPモードの導入を予定しているとのこと。

新たに公開されたFisher Kingのコンセプトアート
情報元及びイメージ:DSOGaming, Steam