Teddy Dief氏が開発を率いる期待作「We Are OFK」のNintendo Switch対応がアナウンス、発売は今夏

2022年5月12日 9:26 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「We Are OFK」

Alex Preston氏と共に傑作“Hyper Light Drifter”生んだTeddy Dief氏の新作として、昨年末のTGAにてアナウンスされた期待作「We Are OFK」ですが、昨晩放送された海外向けの“Indie World Showcase 5.11.2022”にて、本作のNintendo Switch対応がアナウンスされ、発表済みのPS4とPS5、PC版と併せて今夏の発売を予定していることが明らかになりました。

また、発表に併せて、OFKメンバー達の日常を映した新トレーラーが登場しています。

“We Are OFK”は、インディポップバンド“OFK”の音楽活動とバンド作りを描くエピソード形式のインタラクティブストーリーで、5つのエピソードと5つのインタラクティブMV、豪華キャストによるフルボイス対応を特色としています。

インディーポップバンドOFKは、お互いにイライラする事なく、友達4人がデビューEPをリリースするストーリーとなります。ロサンゼルスでの夢、デート、生活についてのインタラクティブなバンドメイキングシリーズ。

ダウンタウンに引っ越したイツミ・サイトウは、長年のガールフレンドと別れ、ミュージシャンになる夢を追うのであった。しかし、練習、友達、通勤地獄、仕事にと…イツは競争の激しいロスの音楽シーンで自身を確立するのに必死だった。彼女はハリウッドのパーティーに参加し、新進気鋭の音楽プロデューサーと友達になり、自分の夢に近づくチャンスを見つけたのであった。

ウィーアーOFKは、歌詞について議論したり、悲しみをテキストで伝えたり、インタラクティブなミュージックビデオを視聴するインタラクティブな物語シリーズです!

ゲームの特徴

  • 5つのエピソードで構成されたインタラクティブなアニメシリーズ
  • 5つのインタラクティブミュージックビデオ:OFKが演奏するデビュートラック付き
  • 豪華キャストによるフルボイスのインタラクティブな対話
  • 感情的なテキスト、しつこいテキスト、ミームのテキスト、絵文字スパム
  • ロサンゼルスを舞台にしたオリジナルな場所。ワイルドなタピオカショップをきっと気に入るでしょう
情報元及びイメージ:Gematsu, Eurogamer, Games Press

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.