IronOak Gamesが開発を手掛けたローグライクな傑作ストラテジーRPGの続編「For The King II」がアナウンス、発売は2023年

2022年5月24日 22:59 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「For The King II」

本日、バンクーバーのデベロッパIronOak GamesとパブリッシャCurve Gamesが2018年にリリースされたローグライクな傑作ストラテジーRPG“For The King”の続編「For The King II」を発表し、PC Steam向けに2023年内の発売を予定していることが明らかになりました。

また、発表に併せて、進化したビジュアルと幾つかのレベル環境、TRPG風のターンベース戦闘を紹介するアナウンストレーラーが登場しています。

街角では狂信的な近衛兵が目を光らせ、路地裏では一般市民が盗賊に身をやつしている。反逆者となる危険を冒してでも、同じ境遇の無法者たちと力を合わせ、女王の圧政に終止符を打つ覚悟はあるか?

『For The King II』は、ストラテジー、JRPGの戦闘、ローグライクの要素を融合させた高難易度ゲームだ。前作の『For The King』で大好評だったワクワクドキドキの協力プレイも引き継ぎ、壮大かつ斬新な体験を提供する。

高難易度なTRPG風のターン制コンバット

生きるか死ぬかを決めるのはサイコロだ。戦う相手はよく考えて選ぼう。高難易度で有名な、戦略と予測が重要な戦闘システムで勝利するためには、適切なスキルと装備でキャラクターを強化しなければならない。

オンラインまたはローカルで最大4人のマルチプレイ

絶え間なく変化するFahrulの世界では、友達と一緒に戦略を練って戦うことも、ひとりでひたすら死にながら冒険して素晴らしい戦利品を独占することも可能。

TRPG風のキャラクターたちを組み合わせて完璧なパーティーを作れ

命がけの冒険に繰り出す前に、ユニークなステータスとアビリティをもった多種多様なクラスから好きなものを選んで、自分のパーティーを組み上げよう!

ローグライクな戦利品システムでチャンスを掴め!

倒した敵のふところを漁り、危険なダンジョンを探索して、ユニークなアビリティや戦術的な強み、そして強力なシナジーをもつ武器や防具を見つけ出せ。プレイすればするほど、自分のキャラクターで使えるアイテムが恒久的にアンロックされる。

同じ冒険はふたつとない

無限の可能性を秘めたキャラクターとアイテムの組み合わせ、ランダム生成のマップ、クエスト、戦利品、イベントを体験しよう。Fahrulの世界は常に変化する。気を抜くのは命取りだ!

進化したFahrulを、その目と耳で確かめろ

探索者を待ち受けている大量の新バイオーム、刷新された美しいアートスタイル、新たに用意されたサウンドトラック。『For The King II』はあなたを、驚嘆すべきFahrulの世界へ招き入れる。そこに広がるは、素晴らしい想像力で生み出された冒険の地だ。

女王の亡き夫、ブロナー王に永き死の休息があらんことを。だがあなたは、村のために、世界のために、そして王のために、戦わなければならない!

『For The King II』は現在開発中のゲームであり、最高の楽しみを提供するために機能の追加や変更を随時行っています。

「For The King II」
「For The King II」
「For The King II」
「For The King II」
「For The King II」
「For The King II」
「For The King II」
「For The King II」
「For The King II」
情報元及びイメージ:Steam

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.