崩壊後のロンドンが舞台となる“Fallout 4”用大型MOD「Fallout: London」の本格的な進捗報告映像が公開、開発者のさらなるBethesda入りも

2022年7月2日 13:37 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout: London」

先日、新トレーラーがお披露目され、リリースが2023年に決定した“Fallout 4”用の大規模なトータルコンバージョンMOD「Fallout: London」ですが、ロンドンが舞台となる大規模MODの動向に注目が集まるなか、本MODの開発チームが2022年Q2の進捗報告映像を公開。ロンドンの多彩な名所やサウンドトラックが確認できる興味深い映像が登場しました。

また、本プロジェクトのヘッドライターを務め、昨年8月にBethesda Game Studios入りしたStephanie Zachariadis氏に続いて、さらなる主要開発者のBethesda入りも報じられており、新たにプロジェクトのリード技術アドバイザーを務めたRyan Johnson氏のBethesda入りが明らかになりました。

Ryan Johnson氏は、Bethesdaのアソシエイトレベルデザイナーに就任したほか、MODのプロジェクトリードDean Carter氏もBethesdaから就職のオファーを得たものの、氏は“Fallout: London”の完成を優先し、Double Elevenで“Fallout 76”の開発に携わる申し出を断ったとのこと。

“Fallout: London”向けに書き下ろされた新曲をはじめ、多数のロボットが収蔵された科学博物館や知る人ぞ知るベドラム精神病院、ロンドン塔博物館、ロンドンナショナルギャラリーを含むロンドンの多彩な名所、ジェームズ・ボンドをモチーフにしたゲーム内コミックなど、多数のディテールが確認できる最新映像は以下からご確認ください。

情報元及びイメージ:VGC, GameSpot

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.