ゲームセンターをテーマに描くSci-Fi Co-opシューター「Arcadegeddon」のローンチトレーラーが公開

2022年7月6日 14:29 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Arcadegeddon」

“Friday the 13th: The Game”や“Predator: Hunting Grounds”、“Nexuiz”といった作品で知られるIllFonicの新作として、昨年7月にアナウンスされたSci-Fi PvE/PvPシューター「Arcadegeddon」ですが、本日予定通り国内外でPSXboxPC版の販売が開始され、IllFonicがプロットとゲームプレイのハイライトを紹介するローンチトレーラーを公開しました。

“Arcadegeddon”は、地元に残った最後のゲームセンターを巨大企業から守る戦いを描くマルチプレイヤーシューターで、多彩なバイオームやミニゲーム、PvEとPvPの両方を組み合わせた協力プレイといった要素を特色としています。

進化し続ける協力型シューターに最大3人のフレンドと参加しよう。

地元のアーケードを経営するギリーは、正体不明の巨大企業から自分のビジネスを守ろうとしている。そのために、彼はアーケードのトップゲームを全て接続して、一本のスーパーゲームを制作する。しかし、巨大企業、ファン・ファン社は、そのゲームをハッキングしてウイルスに感染させてしまう。仲間と一緒に、そのゲームと地元に唯一残された最後のアーケードを救うのは君だ。

この進化し続けるマルチプレイシューターでは、最大3人までのフレンドと一緒に色んなバイオームを探索し、ミニゲームで競い、隠されたチェストを見つけ、数々の敵のタイプとボスたちを打ち倒すことが可能です。『Arcadegeddon』は、PVEとPVPの両方の面白さを組合せた、あらゆるプレイスピードを可能にする、協力型マルチプレイ経験を提供しています。さらに、本作は進めていくにつれ、ギーリーのアーケードでたむろする地元の不良ギャングから新たな挑戦状を叩きつけられることがあります。これに勝てば、ストリートで尊敬させるだけでなく、リーダーボードでのランキングを高めることができます。

主な特徴

  • 協力型マルチプレイヤーシューターで、ソロまたは最大3人のフレンドとプレイ。
  • ユニークなバイオームの変化し続けるステージを探索し、隠された宝箱を見つけ、多種多様な敵やボス戦に挑戦。
  • PVPチャレンジでは、途中でフレンドと戦い、ボーナスの戦利品を獲得。
  • マイペースに『Arcadegeddon』のプレイを満喫。
  • プレイを盛り上げる、世界的に著名な音楽プロデューサーたちが制作した音楽。

基本情報

2007年に設立されたIllFonic(IllFonic, LLC)は、コロラド州レイクウッド、ワシントン州タコマ、テキサス州オースティンにスタジオを持つインディー系のビデオゲーム開発会社です。当社は、ゲームの制作方法とマーケティングを再定義するビデオゲーム、音楽、テクノロジーのベテランスタッフで構成されています。過去に制作したタイトルとコラボレーションには、『Predator: Hunting Grounds』、『Friday the 13th: The Game』、『Dead Alliance』、『Star Citizen』、『Evolve』、『Armored Warfare』、『Nexuiz』が含まれます。

情報元及びイメージ:Epic Games

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.