画家の妻がプレイアブルキャラクターとなる新たなストーリーを描く「Layers of Fears」の日本語吹き替えトレーラーがお披露目

2022年9月14日 9:27 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Layers of Fears」

6月に放送された“Summer Game Fest 2022”キックオフライブにて、オリジナルの初代とLayers of Fear: Inheritance、Layers of Fear 2をベースに新たなストーリーを構築する最新作としてアナウンスされた「Layers of Fears」ですが、新たにBloober TeamとパブリッシャーAnshar Studiosがプレスリリースを発行し、先日公開されたGamescomトレーラーの日本語吹き替え版となる新トレーラーを公開しました。

画家の妻がプレイアブルキャラクターとなる新チャプターを導入する“Layers of Fears”の最新映像と来るTGS 2022向けの出展、ゲームプレイの概要を紹介する最新のリリース情報は以下からご確認ください。

Layers of Fears – The Final Noteのトレイラーでは、物語が妻の視線から描かれる

最新のトレイラーでは、Layers of Fearの壮大な物語をさらに拡張され、再創造したLayers of Fearsの新しいストーリー・チャプター(2023上半期リリース)を数章覗き見できます。

Bloober TeamとAnshar Studiosが満を持してお届けするのは、「The Final Note」のさらにディープな世界。これはLayers of Fears限定で制作された、新しい物語のひとつ。完全無欠のホラークロニクルであるLayers of Fearを改編した本作はPlayStation®5、Xbox Series X|S、そしてWindows PC向けに2023年上半期にリリースされます。Layers of FearとLayers of Fear 2をつなぐ数々の物語の結びつきを、統一感を高めつつ深めてゆくLayers of Fear 2。ファンに愛されるストーリーも新チャプターで拡張されています。迫力の新作トレイラー(日本のファン向けに吹き替え済み)はこちらからご観賞ください:

Layers of Fears – The Final Noteのトレイラーはこちら:https://youtu.be/Hly4W0aqGeE

「今回はLayers of Fearsの物語の一部を、少しだけ紹介します。この作品は私たちにとってとても大切なものです。このオリジナル作品のおかげで、私たちのスタジオは発展し、独自のホラー作品を製作する基盤が形作られました。私たちは以前から日本のファンに多大な敬意を抱いており、多くの東京ゲームショウイベントも、Layersフランチャイズにとって晴れ舞台になりました。昨年はLOFsのティーザートレイラーを公開しましたが、今年は日本の皆さんのため、特別にローカライズされた予告編をご用意することにしました。東京ゲームショウ2022の開催期間中に、皆さんが楽しく胸躍る時間を過ごされますようお祈りします!私たちのチームメンバーも参加しますので、会場でお会いできるかもしれません!」

Bloober Team CEO ピョートル・バビエノ

Bloober TeamはThe Final Noteで、本シリーズのファンが以前から興味を持っていたキャラクターを中心に据えました。そうです。この新チャプターでプレイヤーがコントロールするのは、画家の妻です。

彼女は打ちのめされた音楽家であり、その全貌はまだ明かされていません。一家の悲劇について、新たな視点を提供してくれることでしょう。

しかし、それだけではありません。鋭いプレイヤーは、トレイラーの終盤に現われた奇妙な灯台に気づかれたことと思います。これは第一作と第二作の物語を結びつける新しいロケーションのティーザーだったのです。よくよく踏み込んでみますと、一見しただけでは関連のない出来事が実は密接につながっていることが分かり、Layers of Fearという名の壮大なキャンバスに描かれた傑作の真髄を知ることができます。

「Layers of Fears」

主な特徴:

  • 新たに想像された恐怖 – Layers of Fearフランチャイズ(LoF&LoF2)のクロニクルが、Unreal Engine 5のさらに強化された技術により拡大されています。レイトレーシング、HDR、4K解像度、Lumenシステムが採用された本バージョンで、さらに没入感のあるホラー体験をお楽しみください。
  • ストーリー重視の冒険 – ゲーム内の環境を探索することで、画家と俳優の背筋が凍るような物語、そして恐怖の奥底へとプレイヤーを誘う、さらに拡大された対話を発見できます。
  • サイコロジカル・ホラー – 些細な挙動が世界を一変させることもあります。何が真実であるかを見極めるのはあなたです。
  • 芸術的な舞台 – 邸宅と遠洋船は、19世紀と20世紀の傑作絵画、建築、シネマ、装飾に着想を得て作られています。
  • クラシックで危険なサウンドトラックとアート – ストーリーと環境を引き立てる数々のオリジナル・アートと音楽には、Arkadiusz Reikowskiが作曲し、George Strezovの指揮の下Sofia Session Orchestraが演奏したオリジナル楽曲も含まれます。
「Layers of Fears」

Bloober Teamが発売し、Bloober TeamとAnshar Studiosが共同開発したLayers of Fearsは、2023年上半期にリリースされます。最新情報を受け取りたい方は、Steamで本作をウィッシュリストに入れ、TwitterFacebook、そしてInstagramでBloober Teamをフォローしてください。

Bloober Teamについて

2008年に設立されたBloober Teamは、ポーランドのクラクフを拠点に200人以上の従業員を持つ、独立系ゲーム開発スタジオです。人気ホラーゲーム制作に多くの経験があり、過去作としてBlair Witch、Layers of Fear、Observer: System Redux、そしてThe Medium (Digital Dragons 2021のPolish Game of The Year受賞) があります。ディープなストーリーと雰囲気ある舞台の演出、そして背筋が凍るような忘れられない体験を作り上げるクリエーターとしてよく知られています。詳細情報は公式ウェブサイトでご覧ください。

Anshar Studiosについて

職人技が私達のモットーです。私たちは誠実を絶対の哲学としてコミュニケーションを行います。その結果として、インパクトのある第一人者としてのアイデアを現実にし、第三者のプロジェクトを完璧なものにします。高いレベルの実績を持ち、そして常に成長を求める、スキルを持ったチームです。良いゲームを作ることをひたすらに追い求め、ストーリーベースのRPGゲームを専門としています。Anshar Studiosは2012年に設立されて以来、複数のプラットフォームで様々な技術を駆使し、何十個もの商業タイトルのリリースに関わりました。ゲーム業界から、120人以上のスキルを持ったプロフェッショナル、そしてゲームを情熱とする人を雇用しており、世界中のゲーム開発を手助けしています。それ以外には、当社製のゲームも開発しており、アダプティブ・アイソメトリック・サイバーパンクRPGのGamedecを制作しました。また、VRにおける開発にも精通しており、DetachedやTelefrag VRをリリースしています。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.