「Mad Max」

先日開催されたE3でのクローズドなゲームプレイのお披露目を経て、オーストラリア訛りではないキャラクターのボイスアクトが問題視され、その後大きく紛糾したユーザーのフィードバックに基づき、改めてオーストラリアの特徴的なアクセントを特色とすることが明言されたAvalancheの新作「Mad Max」ですが、その後Avalancheが進めているキャスティングになんとメル・ギブソンの実弟である俳優ドナル・ギブソンが名乗りを上げたことが明らかになりました。

これは、Ausgamersの報告から明らかになったもので、多数の映画出演や人気アニメ“Justice League Unlimited”でのボイスアクト経験、シナリオライターとしても活躍するドナル・ギブソンが実際に声を当てたデモボイスを公開したAusgamersは、ドナル・ギブソンならば前述したオーストラリア訛りの問題を始め、MAD MAXの文脈的にもこれ以上ない正統性を保つ人材であることを強調し、Avalanche Studiosに直接推薦を行う旨を報告しています。(※ 音声が埋め込み不可となっていますので、サンプルデモはAusgamersの該当記事にてご確認下さい)

映画版の最新作である“Mad Max: Fury Road”とも異なる独自のユニバースを掲げ開発が進められているAvalanche版“Mad Max”ですが、かつてMAXを演じたメル・ギブソンの家族が新たなMAXを演じるとなればリブートにもまた新しい側面が生まれるといえ、このアイデアにAvalancheが反応を見せるか、今後の動向に注目が集まるところです。

情報元:VG247

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.