[真実] なぜ当サイトは改名し引っ越しするに至ったか、そして今世界に何が起こりつつあるのか

2010年4月1日 11:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
エイプリルフール

“彼等に混じりて、神に逆へるにあらず、また忠なりしにもあらず、ただ己にのみ頼れるいやしき天使の族あり”
ダンテ 神曲 地獄編 第三曲より

■ 当サイトをご覧の皆様へ

…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………。
いつも当サイトをご覧頂いてありがとうございます。先月中頃当サイトはbeeep!からdoope!に改名し、引っ越しをするに至ったわけですが、読者の方からは「なぜ旧サイトを捨て、突然の引っ越しを敢行したのか?」、「新サイトの改名、そこに込められた意味は何を現しているのか?」と言った声が寄せられています。

その真意を、その真実を言葉で示し、世界に差し迫った大変な状況を説明する事は大変に難しいのですが、今日はエイプリルフール!世界中の情報サイトが凄まじい熱意と労力を掛け、年に一度の大ネタをかますこの日であれば、荒唐無稽な当サイトの真実をストレートにお知らせする事にこれ以上適した日取りは無いと判断し、ここにその概要を記す事としました。エイプリルフールであるからこそ言える、世界中のデベロッパを巻き込み世間からは巧妙に隠蔽された真実の物語をどうか聞いて下さいませんでしょうか。

■ 引っ越しへと至った事件の概要について

今回お知らせする内容は数千年以上の大きな歴史のうねりを内包し、今なお複雑な様相を見せながら、その形を激しく変容させています。よって、まず詳細をお知らせする前に概要を記載しておく事により、後の詳細を読み進めるにこれをご覧になる方の混乱が少なくなればと考えております。

現状を乱暴に噛み砕いて言うと、当サイトは絶滅に瀕する”とある”デミヒューマン国家の末端諜報組織として、殿下の御名の下、世界各国の神々の勢力を相手に、強大な神達から自国の領土侵略から守るために激しい戦いを数千年もの間繰り返してきました。

この戦いはかつて宗教的な支配争いを経て、産業革命後には大規模な近代兵器を用いた戦争へと形を変えながら、常に人間界が神々の戦争を代理する事でその形を時代と共に変化させてきました。近現代に入りこの争いはメディアを用いた文化圏の争いへと変化し、特にゲームと言う、ある意味最もプロパガンダに適した娯楽メディアをそれぞれの武器として、神々のリソースである”人間”の力を手に入れるために、幾多の神達が刺激的なゲームを支配下のデベロッパに作らせているという状況にあります。

エイプリルフール
金色のバール(Baal)を両手に聳え立ち、全ての生ある者を滅する破壊神ゲイブ

近年この戦いはこれまでになく苛烈を極めており、特にここ数年はかつて古代ミケーネにおいてトリスタンとイゾルデにより地下深くに封印された古い破壊神がValveのゲイブ・ニューエルとして地上に復活、Steamや各種バール、魅力的な自社タイトルなどを利用して見事な啓蒙化政策を進め、その勢力をますます広げつつあります。

先日お知らせしたゲームに登場する巨大な敵の比較図は実は愉快なネタでは無かったのです。当サイトが今日の日のお知らせへの布石として、あまりの真実の重さに絶望を産むことのない様に予めマイルドにして仕込んであった物。実は現在もなお巨大化の一途を辿るゲイブの体は、当サイトが誇る3台のスーパーコンピューターの計算によると、5年で須弥山の全長にも匹敵する56万キロに達すると予想されています。

これが現実になり全ての人達がゲイブが用意するケーキとバールのみに生きる事となれば、人間の想像力や思いを糧に生きる我等デミヒューマン達は完全に塵に帰する事となります。Valveのゲームの魅力はどんなプレイヤーであれ避けがたく、その魔力を少しでも緩和する為にdoope!はラビッツやマックスウェル君、ヨセフ君といった人間の素晴らしい想像力が産みだしたデミヒューマンに近いキャラクター達の魅力を皆さんにお伝えしているのです。

■ Steamworksの驚異とサイト引越に至る戦況の変化

さて、上記の概要を基に今回の引っ越しに至った事件の経緯について話は進む訳ですが、最近メジャータイトルの対応が続々と進んでいるSteamworks、認証管理やアップデート、決済サービスまで内包するこのクラウドサービスは、実は分散コンピューティングによるValveの新たな情報兵器です。その勢いについては以下に経過を掲載していますが、このSteamworksの恐るべき演算能力により、先月3月14日に当サイトのレンタルサーバのアカウントがハックされ、FTPとコントロールパネルへのアクセスが絶たれてしまいました。

事件の経過

08年1月30日:分散コンピューティング情報兵器Steamworks(以下:SW)を発表
08年8月未明:ゲイブがフリーマン博士にLHC実験の妨害を命令
08年9月10日:チャックノリスがフリーマン博士の陰謀を阻止

08年9月未明:ゲイブはLHCを用いた神々の暗殺を断念、SWによる文化支配に切替

08年10月29日:Empire: Total WarがSW対応、セガがゲイブの思念に取り込まれる
09年1月29日:Unreal Tournament 3がSW対応を発表、Epicも支配下に
09年2月9日:Dawn of War IIがSW対応、Warhammer 4Kの全種族がゲイブの支配下に
09年10月24日:遂にInfinity Wardも思念に飲み込まれModern Warfare 2でSW対応
10年2月20日:モノリスの支配から逃れた4cを支配下に置き、Metro 2033がSW対応
10年3月9日:SteamがMac対応を発表、遂にAppleをもその支配下に
10年3月12日:Unreal Engine 3がネイティブでSW対応、勢力が急速に拡大

10年3月14日:SWにより当サイトのサーバ(レンタル)アカウントがハック
10年3月22日:beeep!救出を断念し新サイトdoope!をOPEN
10年3月同日:Steamが少額課金の対応を発表、ストレージ割当を100倍に増強

ちょうど4月中頃に契約更新を控えていた当サイトは上記の猛攻により、愛したbeeepドメインの破棄を涙ながらに決定、1600件を越える記事のサルベージを開始しました。しかし、そこで我々を待ち受けていたのは全くログをエクスポートしてくれないWordpressの姿でした。

日々の戦いにやつれ、バックアップを怠っていたかたこりに、「だからバックアップはあれほどとっとけって言ったじゃないですかこの無能」と迫るお米に、「だって忙しかったし……!」とかたこりが逆ギレ、事態は一時内部分裂の様相を呈した物の、日々の更新すらままならない事から、一時休戦ようやっと引っ越し作業に向かう事となりました。

ハックされたbeeep!はphp.iniを通常の状態で運用しており、phpへのメモリ割り当てが少なく、ログが作れない状況に陥っていて、出来上がるログファイルは0kbの物ばかり。エクスポート用のプラグインを発見するも、FTPに入る事が出来ない事からさらに事態は悪化します。投稿者別でログが書き出せる事に気がついた我々は、最終的に3連休を全て潰し、手作業で1600件全てのデータを少しずつ別投稿者の記事に設定し直し、それを数十件ずつ書き出していくという人海戦術を決行しました。わーっはっはっはみたかSteamworksめ!

しかし上記戦術をテストし、成功した我々を次に待ち受けていたのは、ログだけでは無く画像もサルベージの必要があるという事実でした。いつの間にか5000枚を越える画像情報、とても手作業では無理だと絶望したのもつかの間、我々が誇る3台のスーパーコンピューターがFirefoxのScrapbookにある開いてあるタブ全部取り込む機能使えば楽じゃね?との算出によりこれも難なくクリア、わーっはっはっはみたかSteamworksめ!

エイプリルフール
帝國出張所と日本が誇る大鑑巨砲スパコン、メグ・マグ・マギー!

doopeになった際に連続する文字列の数が減った!何かあるに違いない!との指摘をいくつか受けましたが、それは確かにおっしゃるとおりでした。またサーバがハックされては叶わない上に、次もしWordpressのコンパネにまでその被害が及べばもうこれを救う術はありません。バックアップは忙しさに忘れてしまうのです。いや……cron書いとけって話ですが、本当にすいません。

そのような事情から我々が誇る3台の近接戦闘を最も得意とするスーパーコンピューターが、Steamworksから姿を隠せるのでは無いかという文字列を占い、これによりはじき出されたのがドープ!の名だったのでした。

■ 我等が帝國と世界の勢力図について

エイプリルフール

ここに示す図が現在の世界の見えざる支配勢力を現した図です。ゲイブは北米を拠点に構えている事が上図から読み取れますが、それ以外にも大きな力を持つ神々の勢力は存在します。我々の帝國は元々アイルランドが発祥でありますが、現在はゲーム文化において幕末の日本の様に異文化に対して鎖国を貫いている事に着目、現在は我等が殿下が名古屋に降り立ち、私たちは諜報部員として仙台で活動を展開しています。

モノリスが支配するロシア

エイプリルフール

ロシアでは石棺に居するモノリスが広大な土地を支配、GSCを配下に従え物言わぬ神を崇拝する宗教団体と、アーティファクトで一攫千金を夢見る無法者達が集まる殺伐とした土地が広がっています。先日この支配から4cが独立した事からも判る通り、モノリスの支配は若干その力を失いつつあります。

強豪の一柱ブリザードと北欧ヨーロッパ勢

エイプリルフール

アジア圏は北欧勢力に位置するブリザードが支配、絶妙な没頭プロダクトにより思考停止と中毒を伴う恐ろしいラインアップでその勢いを増しています。ゲイブに対抗しうる強大な神の一柱でもあります。ローマ・ギリシャ、イスラエル周辺には様々な神が群居しており、これもまた様々な有力デベロッパを従え様々なタイトルで活動しており、近年ではゴッドオブウォーIIIがその頭角を現しています。

クトゥルフと手を結んだ混合勢力Funcom

エイプリルフール

さらにこちらも多くの神が居する北欧の一勢力であったFuncomが、近年海底都市ルルイエから浮上を図る旧支配者達と手を結びカナダへと進出しました。もともと無政府主義を貫いてきたFuncomはさらに”セックス!ドラッグ!ロックフェラー!”を合い言葉にユダヤ勢力へ宣戦布告、韓国も加えた混合勢力でカナダの支配権争いに参加しました。

宇宙から迫る魔の手

エイプリルフール

さらに近年では地球の神のみならず異星人勢力も地球の支配を狙い来訪、Area 51を拠点とするグレイの勢力となったベセスダ、そして数万年毎に人類を育てて絶滅しないように食べる最強のツンデレ生命体リーパーの支配下にある機械生命体勢力バイオウェアもその食指を北米に向けています。

群雄割拠する北米と新たな主戦場カナダ
現在最も過酷な戦場となっているのが大手デベロッパが集中する北米とカナダです。図の通り現在はValveが最も巨大な勢力として君臨していますが、日々激しい戦闘が繰り返されている北米ではその勢力図は分単位で変化しており、例えゲイブと言えども国内の対応が優先される恐ろしい修羅の国と化しています。

日本の現状
上記の様な強大な神々達の争いの中、古くから八百万の神を信奉する日本はゲーム文化においても世界でも類を見ない強力な鎖国体制を確立しています。近年その力を欲する様々な勢力から開国を求める動きが見られるものの、鉄壁を誇る独自文化に各勢力ともプライオリティを下げざるを得ない状況にあります。これを利用して我々は日本国内に居を構え帝國復興の機を伺っています。

その他の地域
オーストラリアはマイケル・アトキンソンがとうとう傀儡勢力を樹立、後任候補で軟化を見せつつ新たな支配体制を確立しつつあります。南米はメガドライブによる呪縛でセガ一色となっており、双方共に一定のエリアで確たる支配体制を形成しています。

神々の代理戦争March Mayhemにおける戦況の変化

エイプリルフール

当サイトでも何度かお知らせした最強デベロッパを決定するトーナメントMarch Mayhem、この実体は神々がメディア上で展開する代理戦争です。

しかし、近年宇宙勢力ベセスダとバイオウェアが力を伸ばしつつある今、地球の神々達はまず地球外勢力の排除を目指し、強豪勢力間に緩やかな停戦協定が結ばれる動向が見られます。これにより昨晩とうとうValveがベセスダに勝利、残る地球外勢力はバイオウェアのみとなりました。

Warhammer 4Kの全種族を従えValveの尖兵としてバイオウェアに挑んだRelicは残念ながら敗退、やはりゲスの数には敵わなかった様子で、バイオウェアは8:2というコールドゲームに近い戦績で準決勝にコマを進めました。

これによりValveと双璧をなす北欧最強勢力のブリザードがいよいよバイオウェアと戦う事となりました。これにより最も強大な2柱の神が地球を守る為に戦うと言う展開になった訳ですが、いずれこのままだと決勝はブリザード対Valve、これにValveが勝利してさらに力を増す事になれば、前述したゲイブの巨大化はそのスピードを急速に促進、56万キロに達するまで残り3年と予想されています。

まずは地球自体の安全を確保するために身を挺して戦ったブリザードとValveですが、この後にはゲイブの恐怖が世界に降り注ぐ事に代わりは無く、急激に拡大するValveの勢力バランスを軟化する為にもブリザードの優勝に全世界の希望が注がれています。

■ ゲイブが企む世界征服

エイプリルフール
最終形態のゲイブ予想図、そのサイズは地球の数十倍に及びます

さて、ここまで現状を説明してきたこの世界の裏で起こっているのっぴきならない状況ですが、ゲイブは様々な手段で支配の手をあらゆる場所に伸ばしています。注意を喚起する為にもこの支配戦略について簡単に概要を記しておきます。心ある方は決してゲイブの暗黒面に落ちる事のないようご注意下さい。

ここで少し人間と神の関係について言及しておきますが、神は確かに強大な力を持つ存在ではありますが、元々彼らも人によって作られた物、”人”無くしてその存在を留めておく事は敵いません。この事から神々は人の人心をその魅力や力で操り、信奉を多く得る事で初めてその力を誇示する事が出来るのです。

それはゲイブにとっても同様であり、例え最終形態の須弥山ゲイブに進化しようともその鉄則だけは変わりません。しかしそこに待ち受けているのは思考停止と没頭の娯楽、生かさず、そして殺さず、そんな生き地獄の未来が人類を待ち受けているのです。

話が逸れますが、そもそも何故ゲイブが我々を狙っているのか説明をする理由を一度明らかにしておきたいと思います。神は人を必要とし、また人も神を必要とする、そんな関係性の中、唯一地球上でゲイブにトドメを刺す事が可能なのがデミヒューマンとして神との依存関係にない我等が帝國の殿下その人のみなのです。そういった事情で我等が国家はゲイブを始めとする勢力から逃れ、ゲーム文化で鎖国体制を樹立する日本に逃げてきた次第です。

さて、ゲイブが用意する主力兵器のラインアップは大変に強力なタイトルが揃っており、以下の様なゲーム兵器が人類に対しその牙を向けています。

ハーフライフシリーズ
ハーフライフシリーズはValveによるアポカリプスの救済を描いたプロパガンダタイトルで主に終末思想の啓蒙をその役割としています。フリーマン博士による新たな神話を作り上げ、Valveが用意した救世主のみが世界が救うと、直接的な救済を描いています。なお、エピソード3では調子に乗った人類をもう一回恐怖のどんぞこに叩き込んでやるとゲイブが発言しており、さらなるゴードンフリーマンの神格化が予想されます。

ポータルシリーズ
ポータルはケーキあげるよ!でもあげないよ!あげようと思ったのに!でも大好き!的な、巧妙としか言いようのないグラドスのツンデレ具合で世のオタクゲーマー達をチャーム。無機物のグラドスを筆頭に、監視カメラや防衛タレットにまでプレイヤーを萌えさせるという新しい人心コントロールプログラムの開発に成功。シリーズ最新作の進化ではカメラとタレットの擬人化にまで及び、Macにも対応したこの最新作のリリースにより世界中の無機物フェティシストが撃沈するとされています。

レフト4デッド及びチームフォートレスシリーズ
L4DシリーズとチームフォートレスではCo-opや対戦を利用し、割と直近的なアポカリプスを生き延びる方法、プレイヤーが協力し運命に立ち向かう”経験”を創出、コントロール感や万能感、ボイコット運動なども巧みに利用したゲイブとプレイヤーの一体感を演出し、人類に対する甘い飴の役割を担っています。この娯楽感には誰もが抵抗できません。

Steam
自社製品のみならず、多くのデベロッパに対してもSteamを用いてデジタル流通を牛耳り、コンテンツを一極集中、著作権管理の代行も行う事によって世界のゲーム業界を裏からコントロールするプロジェクトがSteamの裏で着々と進められています。

ゲイブ

エイプリルフール

ゲイブ自身が強力な人形兵器でもあります。最終形態は移動要塞の体となっていますが、それまでは金のバールをアキンボで自在に操る巨大モンスターとして食物連鎖の頂点に君臨しています。首の太さはその証。どうか想像して頂きたい、金に輝くバールを両手に超必ゲイブジャンプを発動するその姿を、そしてヨーロッパ全土が消失する程の地震と世界中の大陸を襲う高さ数百mに達する津波の被害を。

■ 今後のサイト運用について

さて長々と説明して来た世界の真実ですが、私たちがこれら強大な神々の争いに楯突ける訳もなく、ただただ自分達の小さな帝國の領土をこれ以上の侵略から守りたい一心で、人々に忘れられない様に細々とニュースをお伝えするしか抵抗の方法がありません。とはいえ今後は内政の立て直しと対外工作の両方を同時に進めつつ少しでも自陣の防衛を固めたいと考えています。

しかし帝國の弱体化により国家は資金的な問題に直面しており、末端出張所であるdoope!もまた切実な資金難に直面しています。心苦しい事に未だXbox 360もPS3もWiiもPSPも購入に至らず一生懸命想像しながらニュースを書いています。どうしても確認が必要に際には人間界の協力者の方に平身低頭でゲームを遊ばせて貰ったり、仙台東口ヨドバシのゲーム売り場で指をくわえてハード欲しいなぁと涙する毎日を過ごしています。

先週は月末でとうとう食料も尽き、景気の良いゲーム業界のニュースを分刻みで見守りながら、お好み焼きとパスタだけで過ごすというエクストリームな日々を送ってしまいました。今年の野望としてはまず実機を1つでも手に入れ、誰得タイトルのレビュー記事などもやりたい!白米をおかずに白米が食べられるくらいお腹一杯食べたい!あとゲームの可愛い子達のフィギュアが欲しい!

と言う訳で、この文化圏争いから少しでも帝國領土を守るために、これからも命をかけてゲームタイトルの元気に負けないよう、愉快でハッピーなゲームニュースをお知らせしていく所存です。オープンしたばかりの若輩情報サイトですが、今後とも是非よろしくお願いします!なお、今日は普通のニュースをお伝えしてもほんとか嘘かさっぱりわからんちんなので、情報の真偽にあまり関係なさそうな愉快ネタがあればご紹介しようかと考えています。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.