早速DX11に対応した「UDK」の3月ベータ版が公開、ZBrush的なテランエディタやエディタ内のDX11レンダラも登場

2011年3月10日 17:28 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp

先日公開されたDX11対応UE3のデモ映像”Samaritan”

先日開催されたGDCにて発表されたUnreal Engine 3のDirectX 11サポートですが、昨日早速DirectX 11サポートを実現したEpicが無料で提供している統合開発環境「UDK」(Unreal Development Kit)の3月版べータクライアントがリリースされ、その機能の概要が明らかになりました。

今回のアップデートにおいて利用可能になるDirectX機能は以下の様になっています。

  • テッセレーションとディスプレースメント
  • ジオメトリシェーダー
  • マルチサンプリング化されたテクスチャ
  • HLSL用のシェーダーモデル5

■ ハイエンドなレンダリング機能

  • イメージベースド リフレクション
  • キャラクターのリアルな肌表現を可能にする、半透明マテリアルの分散光をシミュレートするサブサーフェス スキャッタリング(SSS)
  • アンチエイリアス化されたマスクによってマスク処理されるマテリアル、髪の表現がより現実的に
  • MSAAをサポートしたディファードレンダリング
  • フィルム品質のDoFを実現し、コントローラブルなBokeh depth of field
  • 環境内の複数のライトから生成される高品質なダイナミックシャドウ

さらに、特徴的な以下の様な新機能が搭載されています。

コントローラブルな「Bokeh depth of field」の適用例

「UDK」
ここではレンズフレアに適用
「UDK」
赤いエリアはフルクオリティ、緑色のエリアには制限を加え4倍高速に

イメージベースド リフレクションによるダイナミックシャドウの例

「UDK」

レンダリングの新機能

「UDK」

レンダリング周りではDoFやBloomといった視界のサイズを備えるエフェクトにビューサイズを追加(”Post Process Effect”メニューから”Scale Effects with View Size”)、さらにフルイドサーフェス等、いくつかのマテリアルに追加されています。

ZBrush風のスカルプトが可能なテランエディタが登場

「UDK」
  • タブレットをサポート
  • ペイント中にウェイトマップやミップマップを自動でアップデート
  • ノイズツールでPerlin Noiseを利用可能
  • 熱や水力による大地の浸食をサポート

Unreal EditorはDirectX 11レンダリングをサポート

「UDK」

Unreal Editorがツール内でのDirectX 11レンダリングをサポートしています。Viewメニュー> Preferences> Enable DirectX 11 Renderingで利用可能。

また、DoFのフォーカス距離を確かめる機能や、FBXファイルからのモーフターゲット読み込みのパフォーマンス改善、FBXインポーターのライトマップUVサポートなどの新機能も登場しています。

情報元及びイメージ:UDK

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.