クアッドコア対応やレンダリング品質の改善など、PC版「Alan Wake」の技術面に関する新情報が判明

2012年1月26日 15:54 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Alan Wake」

先日はマルチモニタと3D立体視対応を示唆するティザーイメージが公開されたRemedyファン待望のPC版「Alan Wake」ですが、同スタジオの最高技術責任者を務めるMarkus Maki氏がPC Games Hardwareのインタビューに登場し、4コア動作への対応など技術的な改善に関する幾つかの新情報が明らかになりました。

今回はこのインタビューから判明したPC版の改善や変更点をまとめてご紹介します。

  • Windows XPのSP2での動作は対応予定で、若干の技術的な問題が残されている(※ 紹介済み)が、公式にサポートするプラットフォームになるかまだ決定していない。しかしゲームは動作するだろう。
  • Xbox 360版の“God Rays”(※ 差し込む光の筋)表現は幾つかのロケーションにのみ制限されていたが、PC版では全ての場所で有効になった。
  • 技術的なハイライトはMSAAと併用可能なディファードシェーディング
  • 出荷時のAlan WakeはMSAAと、DX9用のFXAAとA2C(Alpha to Coverage)を実装
  • 30fpsでロックされたXbox 360版に対し、PC版はVsync off可能で60fps動作は素晴らしく見える
  • ハイエンドシステム向けにVolumetric LightとSSAOの品質調整が可能
  • クアッドコア動作に対応し(※ 4コアまで)、4スレッド以上の動作を行う
  • Xbox 360版と同様にHavok Physics対応、物理演算処理は専用のスレッドを使用する
情報元:PC Games Hardware

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.