噂:ポイントStreaksの継続など、来るCoDシリーズ新作「Call of Duty: Black Ops 2」のゲームディテールが大量に流出

2012年3月28日 11:55 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Black Ops 2」

まだ具体的な発表が行われていない今年のCoDシリーズ最新作ですが、Treyarchのターンとなる今年の新作は「Call of Duty: Black Ops 2」ではないかとの予測が有力視されています。

そんな中、昨日公式のCoDフォーラムにCall of Duty: Black Ops 2のマルチプレイヤーに関する大量のプレイディテールが投稿され、その後直ぐに削除されるという動きがあったことが明らかになりました。

現在のところこの情報の真偽は不明ですが、かなり具体的なディテールまで言及され、Call of Duty: Modern Warfare 3の新システムを一部継承する内容に大きな注目が集まっています。

今回はこの真偽不明の情報をまとめてご紹介しますが、いずれも全く真偽が不明な内容であることから、また“例年の恒例行事が始まる時期になったか”程度の温度で確認していただければと思います。

■ ゲームモード

  • Search and Destroyに似た新モード“Escort”が登場、生存プレイヤーは死亡せずに3エリア(※ マップによっては2エリア)を横切るエスコートを目指す。ラウンド制で、ライフはS&D同様1。
  • Drop ZoneとKill Confirmedモードが登場する。
  • Team DefenderとInfectedは無し。

■ Pointstreaksシステム

  • Call of Duty: Modern Warfare 3のポイントシステムを継承
  • オブジェクティブからのポイント取得が強化される
  • 爆弾の設置が2ポイント
  • 中立Flag取得が1ポイント、敵Flagは2ポイント
  • Flag取得へのアシストは1ポイント
  • Specialistのシステムが調整
  • 2キルで1perk取得
  • 4キルで2perk取得
  • 6キルで3perk取得
  • 8キルで4perk取得
  • 8キルで全てのperkは得られず、Proはプレイヤーが所持している場合のみPro化
  • ラジコンの再登場は無し
  • 新Pointstreakに“Heat vision”が登場。使用時にヒートビジョンを備え、壁を超えて敵を検知可能なスコープがショットガンを除くプライマリ銃器にアタッチされる。
  • 5ポイントのPointstreakに追加弾薬、ミニガン、ランチャー、ロケットランチャー、ボディアーマーなどのアイテムドロップのみを含む“Item Packages”が登場する。

■ プレステージ

  • 50ランクスタートの15プレステージ
  • 1プレステージ毎に5ランクが追加され、最終プレステージは90ランクに

■ Call of Duty Elite 2.0

  • Call of Duty Eliteが完全に統合
  • Combat Recordは“ELITE Stats”に改名
  • クランマッチ専用のロビーが登場
  • クラントーナメントのシステムが統合される

■ 削除される要素

  • MOAB/Nuke
  • Last Stand
  • Death Streaks
  • Flame Thrower Attachment(※ 火炎放射アタッチメント)

■ マップデザイン

  • マップデザインとサイズはCall of Duty: Black Opsに準拠、Modern Warfare 3的なものではない

■ スナイパーライフル

  • スナイパーライフルの使用感が改善
  • スナイパーライフルのAimアシストは無し
  • 揺れがより少なく変更

■ カスタマイズ

  • プレイヤーの外観はPerk1選択だけでなく、全Perkと選択したPointstreakの内容が反映される

■ ハードコア

  • ハードコアモードが大きく改善
  • グレネードランチャーは登場しないが、ビークル向けの誘導ロケットランチャーのみ使用可能
  • リスポーン時間が減少
  • 重傷の場合には出血効果が追加される

■ Perk System 2.0

  • Perk Proシステムがアップグレードされ、Pro化後に2種類の効果が選択可能
  • それぞれに異なるチャレンジが要求される
  • 一度選択すればPro化Perkとして利用可能になるが、プレステージ中の再取得は出来ない。(※ プレステージ後の再選択は可能)
  • Perk System 2.0の例:ADS(覗き込み)時間を短縮する“Speed”の場合
    • Pro I:武器の切り替え速度が上昇
    • Pro II:装備品の投擲速度が上昇

■ Combat Training(※ AI相手のトレーニングモード)

  • Combat Trainingが大幅な改善と共に再登場
  • 難易度はBotが射撃し始めるまでの時間に基づいたものでは無くなる
  • Botに改善されたAIシステムを搭載
  • Call of Duty: Modern Warfare 3“Spec Ops”のサバイバルモードに似た挙動を見せる
情報元:charlie INTEL

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.