「Call of Duty」新作ティザーサイトが更新、今回はUAVらしきイメージと1本の映像が公開

2012年4月28日 10:59 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Black Ops 2」

先ほどは“Call of Duty: Black Ops 2”の予約カードが流出した「Call of Duty」新作ですが、本日も公式ティザーサイトが更新され、新Killstreakの存在を示唆していると思われるUAVらしきイメージと、未だに解読が進んでいない昨日のメッセージ“THE ENEMY COULD BE ANYWHERE AND IT COULD BE ANYONE”を男性が読み上げる映像が登場しました。

なお、拡大前のサムネイルイメージには一瞬明るく鮮明に映るフレームが存在しており、該当フレームを拡大したイメージは以下の様になっています。

「Call of Duty: Black Ops 2」

画像右エリアには先日公開されたクアドローターの一部と思われるイメージが映り込んでおり、UAVの機影もはっきりとその姿が確認できます。

今回映り込んでいるUAVには主翼や尾翼に特徴的なシルエットが見られますが、これは下記の参考イメージなどと比較すると米GA-ASI社が開発するUAV、Predator-C Avengerに酷似していることが判ります。

Avengerはターボファンエンジンを搭載し、武器ストレージも備えるUAVでプロトタイプの初フライトは2009年4月、今年2月に新モデルのAvengerがフライトに成功したことが公式サイトにて報告されるなど、まだ実戦配備が行われていない最新鋭のUAVとして知られています。

また、AvengerはCall of Duty: Modern Warfare 3に登場した無人攻撃機“MQ-9 Reaper”(ターボプロップエンジンによるプロペラ駆動)の後継機として開発された存在で、Reaperと同様に空対空ミサイルや対戦車ミサイルも搭載可能となっています。

「Call of Duty: Black Ops 2」
「Call of Duty: Black Ops 2」
参考イメージ:Predator-C Avenger

これらの状況を考えると流石に2027年までは行かなくとも、Call of Duty: Black Ops 2がかなり近い未来が舞台(の一部?)として登場する可能性が高いと言え、今後のイメージ公開や5月1日のお披露目に注目が集まるところです。

昨日のメッセージが新たに映像として公開

昨日ティザーサイトにて公開された、何らかの暗号を含むと思われるメッセージ“THE ENEMY COULD BE ANYWHERE AND IT COULD BE ANYONE”ですが、本日の更新を以て男性が同じメッセージを読み上げる映像に差し替えられました。

こちらも何やら隠されていそうな雰囲気に満ちていますが、今の所めぼしい情報は見つかっていません。今後動きがあり次第改めてご紹介しますので、続報をお待ち下さい。

イメージ:Military Factory

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.