NvidiaがGTC会場で上映したKeplerのリアルタイムレイトレーシングと物理演算デモが凄い

2012年5月16日 19:51 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Nvidia」

昨日、Nvidiaがカリフォルニアで開催した開発者向けの技術カンファレンス“GPU Technology Conference 2012”にて、「Hawken」と“Gaikai”の提携が発表されたことを既にお伝えしましたが、今回のイベントはクラウドゲーミングプラットフォーム向けの新システムとしてKeplerアーキテクチャを採用した“GeForce GRID”の発表と、Kepler搭載の新世代Tesla発表を目的としたものであったことが報じられています。

今回は、そんなKeplerのパワフルな演算アクセラレーションが確認できるリアルタイムレイトレーシングデモと、大量のパーティクルを利用した物理演算デモの直撮り映像を併せてご紹介します。

こちらはリアルタイムレイトレーシングの映像ですが、水槽に流し込まれた流体(水)が背後の球体とロゴオブジェクトにしっかりと映り込んでいる様子が確認でき、いよいよレイトレーシングが実用レベルに近づいてきたポテンシャルを十分に感じさせる内容となっています。

こちらの映像はアンドロメダ星雲と天の川をモチーフに個別のパーティクルに物理演算の適用を試みるデモですが、それぞれの惑星(パーティクル)が互いの重力による相対的な動きを見せながら、銀河を形成し、それらが互いに衝突するダイナミックな動きが確認できます。

映像に見られる惑星のカウントは28万を超える規模となっており、NvidiaによるとKepler以前は2万の演算(※ 相互干渉は4億に達する)が限度だったとのことで、新アーキテクチャのパワフルさがはっきりと感じられる映像となっています。

情報元:The Verge

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその135
「4コマ:開け損」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.