「38 Studios」の危機にカート・シリング氏がコメント、レイオフの確認や開発者募集イベント開催の続報も

2012年5月23日 16:34 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「38 Studios」

先日、資金繰りの悪化から深刻な危機に陥りながらも、なんとか急場の支払いを無事済ますことが出来た「38 Studios」ですが、ロードアイランド州全体を巻き込んだスキャンダルとなって以来、公式な声明が発表されないままの状況が続いています。そんな中、先日遂にスタジオの設立者カート・シリング氏が自身のFacebookにてスタジオの危機に関するコメントを寄せたことが明らかになりました。

今回は氏の発言と共に、ここ数日の内に報じられたスタジオを取り巻く幾つかの続報をまとめてご紹介します。

カート・シリング氏は多くの支援者と38のチームと家族達に向け感謝の言葉を述べ、今後のスタジオ継続に向けた手段と活力を発見するだろうと語り、タイトル開発とスタジオ運営に前向きな姿勢を強調。さらにファンからの質問に答え、今回の支払いにカート・シリング氏自身がスタジオ設立の為に州から借りていた400万ドルを使用したのではないかとの海外メディア報道が真実ではないと明かし、出自が明かされていない先日の資金調達が自身によるものではないことを明確にしました。

また、先日ロードアイランド州のLincoln Chafee知事が38 Studiosの支払いと今後について会見を行った際に、WPRIのリポーターが知事から38 Studiosのレイオフが事実であるとの確認を得たことが判明。しかし、支払いが滞っているとされた給与に関する情報は現在も不明とのこと。

400人規模の開発者を抱える38 Studiosにレイオフの情報が流れるなか、The Lord of the Rings OnlineやDungeons & Dragons Onlineの開発/運営で知られるTurbineがお隣マサチューセッツからロードアイランドにやってきて、38 Studiosに近い中心部のWestin Providenceホテルにて、50人以上の雇用を視野に入れた開発者募集イベントを開催することが判明。

さらに、昨年ニューヨークに新スタジオを設立し、レイオフの嵐が吹き荒れるオーストラリアでも意欲的な開発者募集を行っていたAvalanche Studiosも今週木曜に全く同じホテルでリクルートイベントを開催することが明らかになっています。

情報元:Joystiq, Examiner

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.