NPD:北米5月のセールスデータが発表、全てのタイトルを押さえリテール版「Diablo III」が販売1位を獲得

2012年6月15日 10:19 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「NPD」

本日NPDが北米5月のビデオゲーム市場における販売データを発表、ソフトウェア販売においてBlizzardの最新作「Diablo III」が全てのタイトルを押さえ首位を獲得、ハードウェア販売ではほとんどのプラットフォームが前年比で販売数を落とす中、3DSが17%成長となる好調を示しています。

今回首位に輝いたDiablo IIIの販売データはデジタル販売が含まれておらず、リテールパッケージの販売のみを集計したもので、北米市場におけるリテール版PCタイトルの月間トップ獲得は前作“StarCraft II: Wings of Liberty”に続く偉業と言えます。

なお、物理媒体でのソフトウェア販売全体の規模は前年5月から16%ダウンの3億3250万ドルとなっており、今年の4~5月におけるタイトル不足が直接的な原因となっている模様。(※ 今月から新たにウォルマートの販売データが統計に追加されたとのこと)

■ 北米5月のビデオゲームソフトウェア販売上位10タイトル

  • 1位:Diablo III (PC)
  • 2位:Max Payne 3 (360, PS3, PC)
  • 3位:Tom Clancy’s Ghost Recon: Future Soldier (360, PS3)
  • 4位:Prototype 2 (360, PS3)
  • 5位:NBA 2K12 (360, PS3, Wii, PSP, PS2, PC)
  • 6位:Call of Duty: Modern Warfare 3 (360, PS3, Wii, PC)
  • 7位:Sniper Elite V2 (360, PS3)
  • 8位:Battlefield 3 (360, PS3, PC)
  • 9位:Dragon’s Dogma (360, PS3)
  • 10位:Just Dance 3 (Wii, 360, PS3)

※ 集計には限定版やGOTYエディション、バンドル版を含んでいますが、ハードウェアとのバンドルパックは含まれていません。

ハードウェアセールスは前年から大きくダウン

ハードウェア全体のセールスは昨年同月の2億2880万ドルから39%に及ぶ急降下を見せる1億3890万ドルとなっており、3DS以外の全ハードウェアが前年比で販売台数を落とす結果となっています。

なお、任天堂によると5月のハードウェア販売は全体で28万5000台となっており、先日開催されたE3で強力な2012年前半のラインアップが示せたことを強調しています。また、5月20日に行われたDSiとDSi XLの値引もセールスに貢献した模様。

Microsoftは5月の北米市場で16万台のXbox 360を販売しており、プレスリリースではXbox 360が現世代コンソール販売の45%を占めるとシェアの高さを強調、2012年のベストセラーコンソールだとアピールしています。

一方、Sonyは具体的な販売台数を明らかにしていませんが、StarhawkやMLB12: The Showといった独占タイトルが良い結果を示していると述べ、PS3とPS Vitaプラットフォームにおけるデジタル販売の成長が加速しているとアピールしました。

情報元:VG247, Joystiq, Joystiq

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.