「Diablo III」1.0.4パッチにおける“Demon Hunter”の変更点プレビューが公開

2012年8月17日 10:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Diablo III」

Monkの1.0.4プレビューが昨晩深夜に公開され、計3クラスの調整に関する概要が明らかになった「Diablo III」ですが、先ほど新たに“Demon Hunter”の変更点プレビューが公開され、様々な強化の概要が明らかになりました。

今回のDemon Hunterにおける調整のハイライトも紹介済みの3クラスと同様、リソースの生成とその消費に絡む内容となっており、現在人気の“Hungering Arrow”(プライマリ)や“Elemental Arrow”スキルのパフォーマンスを軸に、他のスキルを十分な代替となり得るような強化の方向性が示されています。

なお、今回の概要ではもう1つのリソースであるDisciplineの生成/消費については記されておらず、Demon Hunterの生存性に大きく影響を与えるDisciplineサイドの調整(※ 有無を含め)に改めて注目が集まるところです。

■ Hatred生成スキルについて

  • 優秀で人気の“Hungering Arrow”スキルに競合するHatred生成スキルは“Entangling Shot”(敵へのスロウ)と“Bola Shot”(AoE特性)、“Evasive Fire”(退路の提供)、“Grenades”(バウンド)の4種だが、いずれも“Hungering Arrow”とそのルーンバリエーションによるダメージと比較した場合、競合し得ない状況となっている。
  • “Grenades”スキルは望むターゲットや場所を的確に狙うことが難しく、スキルの使用感はスムースに感じられない。当初このターゲット方法に代替案を調査したが、まだ満足出来る結果が得られておらず、1.0.4では“Grenades”のコントロール性に関する改善はもたらされない。しかしBlizzardは今後改めて“Grenades”の調整を行いたいと考えている。
  • 残る3種のHatred生成スキルについては“Hungering Arrow”のNerfではなく、3種それぞれのダメージ強化による調整を加えている。以下、“Bola Shot”スキルの強化例
    • プライマリターゲットへのダメージを現在の130%から160%に強化
    • “Thunder Ball”ルーンと“Acid Strike”ルーンのダメージを現在の130%から160%に強化
    • “Imminent Doom”ルーンのプライマリターゲットへのダメージを現在の182%から216%に強化
  • これらの変更を加えても“Hungering Arrow”の単一ターゲットへの理論ダメージ値は依然高いが、新しい“Bola Shot”はAoEダメージと併せて十分なDPS的な代替スキルとなるだろう。
  • “Entangling Shot”と“Evasive Fire”にも同様のダメージ強化が与えられる。

■ Hatred消費スキルについて

  • BlizzardはHatred消費スキルにおける人気スキルが“Elemental Arrow”だと捉えており、他のHatred消費スキルをこのDPS出力に匹敵するよう強化を進めている。
  • “Chakram”スキルの強化例
    • ベースダメージを現在の150%から170%に強化
    • “Twin Chakrams”ルーンのダメージを現在の100%から114%に強化
    • “Serpentine”ルーンのダメージを現在の203%から230%に強化
    • “Razor Disk”ルーンのダメージを165%から187%に強化
    • “Boomerang”ルーンのダメージを188%から230%に強化
    • “Shuriken Cloud”ルーンのダメージを30%から34%に強化
  • “Cluster Arrow”スキルの強化例
    • 初撃の爆発ダメージを現在の200%から225%に強化
    • “Maelstrom”ルーンのダメージを現在の145%から165%に強化
    • “Loaded for Bear”ルーンのダメージを現在の290%から304%に強化
  • BlizzardはWizardクラスにおける“Hydra”スキルのように、Demon Hunterクラスを象徴するスキルが“Rain of Vengeance”スキルだと意図しており、視覚的かつパフォーマンス的にも使用することが楽しいスキルの1つにしたいと考えてきたが、実際にはクラスを象徴するスキルとしての“活力”を欠き、ダメージが低すぎることから他のスキルと競合し得ない状況となっている。
  • これらの意図を踏まえ、“Rain of Vengeance”スキルに著しい変更を加え、ダメージ出力の磨き上げだけでなく、以前のシステムプレビューにて示唆されたダメージ表記の変更が適用される。
    • 現状の表記:“75% weapon damage for 5 seconds”(75%の武器ダメージを5秒間与える)
    • 新しい表記:“715% weapon damage over 5 seconds”(5秒間にわたって715%の武器ダメージを与える)(※ 実質2倍近い強化)
  • “Rain of Vengeance”スキルの“Anathema”ルーンもこの表記に沿うよう変更され、“Dark Cloud”ルーンと“Beastly Bombs”ルーン、“Stampede”ルーン、“Flying Strike”ルーンは直接的なダメージ強化を得ている。
  • “Sentry”スキルはチームプレイ向けに優れたポテンシャルを有しており、Blizzardはこれを魅力的にしたいと考えている。この解決法としてシンプルにダメージが2倍に強化された。
情報元及びイメージ:Battle.net

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.