Update:初期FalloutやIcewind Daleシリーズを生んだ名門「Black Isle Studios」が復活か、公式サイトが再オープン

2012年8月23日 10:40 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp

UPDATE:8月23日10:44

先ほどGame InformerがInterplayのCEOを務めるHerve Caen氏に確認を取ったところ、“Black Isle Studiosの復活は確かな事実だ”と回答したことが判明。さらに旧Black Isleを率いた現ObsidianのボスFeargus Urquhart氏は他の主要スタッフ達と同様、今回の復活劇が初耳であることを強調しています。

「Black Isle Studios」

かつて、初期“Fallout”2作やIcewind Daleシリーズ、Planescape: Tormentの開発を手掛け、“Baldur’s Gate”シリーズのパブリッシャーとして2000年前後のRPGジャンルを席捲した名門「Black Isle Studios」の公式サイトが昨晩突如としてオープンし、“Black Isle Studios is Back.”のメッセージに一体何事かと大きな注目を集める状況となっています。

既にFacebookページとTwitterも用意されており、FacebookにはPlanescape: TormentやBaldur’s Gateを始めとする代表作品を描いたアートワークが登場。さらにBlack Isle StudiosがInterplayの内部スタジオであることが改めて明言されており、どうやらInterplayが何らか水面下で計画を進めている様子が窺えます。

かつてBlack Isle Studiosでリードデザイナーを務めたChris Avellone氏は、今回の復活に対してObsidianと自身が関与していないことを明言。全く状況を把握していないことをTwitterやEurogamerの確認に対する発言で強調しています。

さらに、Interplayの創設者で現在はInXileを率い“Wasteland 2”の開発を進めているBrian Fargo氏も今回の復活は初耳だった様子で、コメントするには十分な情報を得ていないと発言。現在“Baldur’s Gate: Enhanced Edition”の開発を進めているTrent Oster氏もOverhaulとBeamdogが今回の復活劇に関与していないことを明言しています。

あの“Black Isle Studios”が復活!となるとインパクトは確かに強いものの、InterplayがBethesdaと骨肉の争いを見せたFalloutシリーズの権利と新作“Fallout Online”(※ 元Project V13)に纏わる泥試合ぶりを考えると、一抹の不安が残ることも否定出来ず、関係の深い開発者の動向を含め、Interplayの具体的な動きが待たれる状況となっています。

情報元及びイメージ:Joystiq, Eurogamer, Facebook, Game Informer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.