Gears of Warシリーズを率いた「Cliffy B」がEpicを退社、再出発に向けしばしの休息へ

2012年10月4日 7:58 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Cliffy B」

Gears of Warシリーズや来る新作Fortniteを始め、Epicのフロントマンとして、そしてビデオゲーム業界の輝けるアイコンとして活躍するお馴染みCliffy BことCliff Bleszinski氏がなんと本日Epicを退社したことが明らかになりました。

これはEpicの公式サイトに掲載された報告から明らかになったもので、EpicによるとCliffy Bは自身のキャリアにおける次のステージを実現するためにスタジオを去ることになったとのこと。

報告にはEpicのCEOを務めるTim Sweeney氏とMichael Capps社長、そしてVPとしてお馴染みMark Rein氏から、それぞれCliffy Bに対する感謝と賛辞、今後の輝かしい活躍に向けたメッセージが贈られており、今回の退社が円満に進められた様子を表しています。

Tim Sweeney氏
「Epicと共に過ごした素晴らしい20年の間に、Cliff Bleszinskiはデザインにおける本物の指導者へと成長しました。また、“Unreal”と“Gears”への貢献は昨今のビデオゲーム産業の形成にも影響を与えています。Cliffはその貢献に対する私たちの感謝と、彼の人生における次の章での続く成功に対する私たちの願いを手にEpicを去ります。」

Michael Capps氏
「Cliffと仕事を共にした私の10年の中で、最高のクオリティを持つビデオゲーム開発に対する彼の情熱は揺らぐ事を知りませんでした。私たちは彼の大変な取り組み全てに感謝し、我々のファンを幸せにするため、Epicで作られる全てのレベルを引き上げることに今後も専念し続けます。」

Mark Rein氏
「Cliffはこの20年間に渡って私の友人であり仕事仲間でした。彼がEpicから去ることは悲しいことだが、私はEpicの誰もがゲームに対する彼の情熱と専門知識、深い経験から大きな恩恵を授かったことを知っています。彼の放つ輝きをもはや間近で目にすることができないのは寂しいが、今後も続く彼の成功を見ることを今から楽しみにしています。」

なお、Cliffy Bは今回の退社にあたり、10代から昨年の有給休暇以外ノンストップでゲーム開発に取り組んできたと振り返り、Mark Rein氏が話した通り、自身が確かにビジネスを通じて成長を遂げたと述べ、今後の成長に向け休息を必要とする時が来たと説明しています。プロジェクトやプレイテスト、討論、そして最も大事なEpicの人々から距離を置くことは寂しいと語ったCliffy Bは、EpicとChair、そしてPeople Can Flyが今後もゲーマーと評論家達の両方を喜ばせるだろうと確信しているとコメントしました。

なお、Twitterで今回の退社を告げたCliffy Bは“Cliffy B”がトレンドに入ったことに驚き、ファンや関係者に対する大きな感謝と愛情を捧げる発言を見せています。

Epicの象徴とも言える存在だったCliffy Bですが、しばしの休息を経て一体どんなサプライズを手に再出発を果たすのか、Epicの今後も含め改めてその動向に注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:Epic Games

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.