Xbox Oneのインディー向けセルフパブリッシングプログラム「ID@Xbox」はF2Pやマイクロトランザクションの利用も可能に

2013年9月2日 12:08 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Xbox One」

先日、gamescomのMicrosoftプレスカンファレンスにてアナウンスされたXbox Oneのインディー向けセルフパブリッシングプログラム「Independent Developers @ Xbox」(以下:ID@Xbox)ですが、新たにMicrosoftのデジタルポートフォリオディレクターChris Charla氏が“ID@Xbox”の更なる詳細に言及し、インディーデベロッパがセルフパブリッシングする自社タイトルにF2Pやマイクロトランザクションを含むビジネスモデルが利用可能となることが明らかになりました。

これは、PAX Prime会場でJoystiqのインタビューに応じたChris Charla氏が明らかにしたもので、“ID@Xbox”がF2Pやマイクロトランザクションを始め、プレミア価格の設定など、Xbox One上のゲームが持つ全てのビジネスモデルを利用可能だと強調されています。

Charla氏は、“ID@Xbox”を通じてリリースされるゲームが他のゲームと全く同じだと述べ、Gamerscoreや実績への完全対応に加え、 SmartGlassやKinectといったハードウェアサイドのアドバンテージも同様に利用可能であることを改めてアピールしました。

情報元:Joystiq

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.