Wolfenstein II: The New Colossus

続報:The Chinese Roomの傑作がPS4/Xbox One対応を果たす「Dear Esther: Landmark Edition」の発売が9月20日に決定

2016年8月25日 22:19 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Dear Esther: Landmark Edition」

今年4月上旬にPS4とXbox One対応が正式にアナウンスされ、ビジュアルの改善やコメンタリの導入が報じられたThe Chinese Roomの傑作“Dear Esther”ですが、本日名称を新たに「Dear Esther: Landmark Edition」としたリマスターの発売日が9月20日に決定し、PS4/Xbox One版のフッテージを収録したティザー映像が公開されました。

“Dear Esther: Landmark Edition”は、Sourceエンジンを用いたオリジナルをUnity 5向けに移植し、リマスタリングされたオーディオに加え、Jessica Curry女史とRob Briscoe氏、Dan Pinchbeck氏が参加するオーディオコメンタリ、より大きな字幕や照準、FOVと明るさのスライダ、コントローラーの感度といった項目を含むアクセシビリティオプション、トロフィー/実績対応といった新要素を導入するリマスター版で、Curve Digitalがパブリッシャーを務め、価格は7.99英ポンド/9.99ドルとなっています。

Source MODとして誕生した“Dear Esther”は、舞台となる無人島(※ スコットランドのアウター・ヘブリディーズ諸島にあるBoreray島がモデル)の探索を通じて描かれるエモーショナルなプロットと、Jessica Curry女史の素晴らしいサウンドトラックを特色とする、“Everybody’s Gone to the Rapture”の前身とも言える一人称視点のアドベンチャーゲームで、実験的なナラティブデザインと美しいビジュアルが高い評価を獲得していました。

「Dear Esther: Landmark Edition」
「Dear Esther: Landmark Edition」
「Dear Esther: Landmark Edition」
「Dear Esther: Landmark Edition」
情報元及びイメージ:The Chinese Room, GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.