EA Access向けの「Mass Effect: Andromeda」早期アクセスが3月16日に決定、クラフトや近接武器に関する情報も

2017年1月21日 18:17 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Mass Effect: Andromeda」

先日、マルチプレイヤーのリワードやアクセスに関するディテールをご紹介した「Mass Effect: Andromeda」ですが、新たにXbox One向けのサブスクリプションサービスEA Accessの公式サイトが更新され、サムスクライバー向けに“Mass Effect: Andromeda”のゲームプレイを10時間提供する早期アクセスを 3月16日に解禁することが明らかになりました。

また、リードデザイナーIan S. Frazier氏の発言から幾つかの新情報が浮上しています。

EA Access向けの早期アクセスについて言及した公式Twitter、PC版のOriginについては続報待ち
  • リードデザイナーIan S. Frazier氏が“Mass Effect: Andromeda”のクラフト要素について言及し、クローガンスタイルのハンマーを作成し“GRABTHAR’S HAMMER”と名づけたと報告。続いてBioWareのシニアデザイナーJustin Perez氏が、“FAST”という名のアサルトライフルと“FURIOUS”と名付けたスナイパーライフルを作成したと説明。Ian S. Frazier氏は“Mass Effect: Andromeda”のクラフトに無限の可能性があると強調している。
  • “Mass Effect: Andromeda”には、近接武器専用のスロットが用意され、オムニブレードは装備可能な近接武器の1つとなる。また、近接武器はそれ自体がアップグレード可能とのこと。

コスプレ用の“オムニブレード”販売がスタート

「Mass Effect: Andromeda」

先日、BioWareがコスプレ用の実物大“Omni-Blade”レプリカをアナウンスし、公式ストアにて予約販売受付を開始しました。

ブレード部分が折りたたみ可能な“Omni-Blade”のレプリカはK-レジン製で、Mass Effectのロゴをあしらったスタンドを同梱し、価格は60ドルとなっています。

「Mass Effect: Andromeda」
「Mass Effect: Andromeda」
「Mass Effect: Andromeda」
「Mass Effect: Andromeda」
「Mass Effect: Andromeda」
情報元及びイメージ:EA Access, The BioWare Store, Wccftech, VG247

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.