装備クラフトやビルド構築など、「Mass Effect: Andromeda」のさらなるディテールが登場

2017年1月24日 0:31 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Mass Effect: Andromeda」

先日、 EA Access向けの早期アクセス解禁が3月16日に決定した「Mass Effect: Andromeda」ですが、連日ファンの質問に答え様々なディテールを紹介しているリードデザイナーIan S. Frazier氏が再びTwitterで幾つかの新情報を明らかにしています。

  • リードデザイナーIan S. Frazier氏が先日に続いて武器クラフトに言及。プラズマが激しく燃えるアサルトライフルに“Big Pew Pew”と命名したと語っている。なお、スクリーンショットはまだ公開出来ないとのこと。
  • ファンの質問に答えたIan S. Frazier氏によると、“Mass Effect: Andromeda”にはXCOM 2のようなプラズマライフルが存在する。詳細は不明ながら、氏はエイリアンの技術を漁り、これが動作するよう研究する過程が似ていると説明している。
  • 本家のプレイスルーに言及した氏は、寄り道し過ぎた様子で、そろそろメインプロットに戻る必要があると語る一方で、火炎放射ビルドのRyderを構築するためにはまだ多くの探索を行う必要があると説明している。
  • アーマークラフトの有無についてはまだ明かせないとのこと。
  • “Mass Effect: Andromeda”はテックやアビリティのクールダウンが個別管理となったことから、より柔軟なテックコンボが構築できると予想されるが、銃無しでプレイ可能かというファンの質問に答えたIan S. Frazier氏は、確かに柔軟なテックコンボが可能ながら、銃なしのプレイはお勧めできないと説明している。

情報元:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.