Arkane Studiosが「Prey」のコンポーザーにDOOMのMick Gordon氏を起用、素敵なサウンドトラックも

2017年3月1日 0:47 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Prey」

本日Bethesdaが公式サイトを更新し、「Prey」のコンポーザーにDOOMの素晴らしい楽曲を手がけたお馴染みMick Gordon氏の起用を発表。これまでのKiller InstinctやMachineGames版Wolfenstein、新生DOOMとは全くアプローチが異なる新曲“Everything Is Going to Be Ok”のトラックを公開しました。

“Everything Is Going to Be Ok”のフルトラック

Preyのサウンドトラックは、アンビエントなギターのアルペジオや鼓動のようなシンセサイザーのビートを組み合わせたバラエティ豊かなトラックを特色とするとのこと。

また、Arkane StudiosのクリエイティブディレクターRaphael Colantonio氏によると、“Everything Is Going to Be Ok”はDaft PunkやKavinsky、Justice等にもその影響が見られる80年代のイタリアンディスコに着想を得た楽曲であることを挙げ、Wolfenstein: The New Orderの印象的なアルペジオがMick Gordon氏起用の決め手だったことを明らかにしています。

情報元:Bethesda.net

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその119
「4コマ:このババア」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.