「Mount & Blade II: Bannerlord」はハイエンドCPUで800体戦闘/60fps動作を目標、新エンジンに関するディテールが判明

2017年9月18日 16:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Mount & Blade II: Bannerlord」

先日、日本語版を含むウィークリーブログが始動したTaleWorldsの期待作「Mount & Blade II: Bannerlord」ですが、新たに本作のゲームエンジン開発を率いるリードプログラマーMurat Türe氏のインタビューが最新の開発Blogに掲載され、大規模な戦闘やアニメーション、広大なレベル環境、ビジュアルに至るまで、大幅に進化した最新作のエンジンに関する興味深いディテールが明らかになりました。

Murat Türe氏の報告によると、“Mount & Blade II: Bannerlord”のエンジンはCPU依存率の上昇に伴うCPUの並列処理と複数コア対応の強化を特色としており、ハイエンドゲーミング用のCPUで800体規模の戦闘を60fpsで動作させることを目的としているとのこと。

  • 2011年に開発が始動した“Mount & Blade II: Bannerlord”は、TaleWorldsが開発を手掛ける内製のゲームエンジン(MODエディタを含む)を採用している。
  • 新エンジンは物理ベースのレンダリングエンジンを搭載するほか、被写界深度やHDRイメージング、スクリーンスペースリフレクション、アンビエントオクルージョンといった技術の追加と最適化、GPUを用いた布演算システムを特色としている。
  • シリーズの旧エンジンは1コアから2コア使用に留まっていたが、新エンジンはCPUに対する依存率が上昇し、数百体に及ぶキャラクターやアニメーション、IKシステム、各種AI、戦闘計算とったタスクがCPUを使用している。これに伴い、新エンジンは現行CPUと今後数年間に登場するCPUの全コアが活用可能となり、ハイエンドゲーミングCPUを用いた800人規模の戦闘が60fps動作することを目標としている。
  • また、“Mount & Blade II: Bannerlord”のシーンサイズはおよそ4km四方で、オブジェクトや地形、植物、シーン作成等に関する様々な編集ツールが作成されているとのこと。
参考:先日公開されたキャプテンモードのゲームプレイ、大規模かつスムースな5vs5戦闘が確認できる
情報元:Wccftech, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.