オープンワールド環境のゲームプレイを紹介する「Warframe」の新トレーラーが公開、20分強のプレイ映像も

2017年9月19日 15:29 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Warframe」

今年7月に開催された“TennoCon 2017”にて、オープンワールド環境“エイドロンの草原”の導入がアナウンスされた人気アクション「Warframe」ですが、新たにDigitalExtremeが国内向けのプレスリリースを発行し、“エイドロンの草原”のゲームプレイを紹介する1分強のティザートレーラーを公開しました。

また、“エイドロンの草原”の新要素や探索、アクティビティを紹介する23分弱のライブ配信映像も登場しています。

“エイドロンの草原”の第2弾ティザートレーラー
“エイドロンの草原”の多彩な新要素が確認できる23分弱のライブ配信映像

『WARFRAME』がオープンワールド「エイドロンの草原」のゲーム動画を公開

7 月のテンノコンでお見せした the Plains of Eidolon の トレーラーとニュースがどんなに大規模で人気だったか、覚えていますか?

あれから 2 カ月が過ぎ、我々は Warframe Devstream #98 にて、テンノコン以来、新しいゲームプレイ(ビデオ)を公開しました。全ての新しいゲームプレイ、戦闘、クラフト、平原での探検と新たな洞窟システム、大規模なエイドロンの戦いを観ていただけることを期待しています。

『Warframe』: 「エイドロンの草原」ファクトシート

WARFRAME ゲーム詳細

  • アップデート・コンテンツ:エイドロンの草原
  • システム:PC(Xbox One と PS4 も近日公開)
  • 発表日:2017 年 7 月 8 日(土)4:30 pm PST、7:30 pm EST
  • リリース日:2017
  • プレイヤー・ベース:登録ユーザー 3,000 万人(PC、PS4、Xbox One)

ゲーム解説

Digital Extreme は、Warframe 初の最大景観(Open Zone など)アップデート、 Plains of Eidolon を創作した。Warframe のためのこのまったく新しい方向性の中で、プレイヤーはEidolon の平原の壮大な海岸沿いのランドスケープを、ゆっくりと時間をかけて、自分だけのやり方で探検し、自身の物語や動機、癖、そして冒険を提供する NPC がたくさんある活気あふれる村を発見する。シータスの都市は オストロンの名で知られ、Bleeding Tower を拠点とする腐食動物の間に合わせのベースキャンプとなっており、ここはアクティビティとサプライズでいっぱいだ。この広大で美しい、新しいランドスケープの中で、プレイヤーは新しいWarframe と新しい武器を獲得し、新しい物語の要素に参加し、そし て Archiwing を使って空を飛び回るというチャレンジに立ち向かうことになる。しかし気を付けて―夜が訪れるとき、Old War で死滅させられた何者かがまだ宵闇に潜むとき、侵略者の グリニア兵でさえ逃げ出すのだ。

鍵となるフィーチャー

  • ランドスケープ(オープン・ゾーン):Warframe パラダイムシフト
    • Warframe の中を、今までに経験したことのないやり方で探検、発見し、戦い、旅し、そして飛び回る。今までの Warframe のミッションが、ほとんどの場合、直線的そしてランダムに発生する環境に設定されていたのに対し、Plains of Eidolon では今までの Warframe では決して体験できなかった大きく開かれたランドスケープへと足を踏み出し、自分だけのやり方で自由に探検することができる。
  • 新しい RPG 要素:オリジン・システムの住人と出会う
    • テンノは今まで、自分が命を助けた人々と出会ったことがなかった。Orokin Towers に長らく眠るバイオメカニクス筋肉のグロテスクな収穫を文明の中心として生きる腐食動物のありあわせの群れ、オストロンを探し出そう。都市でミッション、ストーリーライン、労働者からのニュース、腐食動物、女や子どもたちを探し出し、長引く戦争と グリニア兵の復讐がどのように彼らの人生を形作ったのかを経験しよう。
  • ミッションだけではない
    • 探検に加え、新しい Warframe や武器、アイテムやその他のものを探し出し、集めるという様々なミッションに乗り出すことになる。旅し、そして闘うためにArchwing を装着する心構えが必要だ。それに、釣り人として大いなる自然を経験してみたければ、川や渓流で釣りをすることができる。さらに実存的な問いを投げかけるならば、何を釣るかということだ。
  • トーンの変化
    • The Plains of Eidolon は複数の異なる環境やトーンを組み合わる発見や変化、そして神秘の感覚を提供し、その場所にいるという深い感覚を作り出す。プレーヤーは密生する新しい世界を体験し、その中でプレーヤーはシャンダナをゆする風や、背景に不気味にそびえ立つ巨大な Sentient 建造物の古さや大きさを感じ、野生動物が食べ物を探して頭上を飛び回るのを見たり聞いたりし、そして朝日と夕日と共に昼行性/夜行性システムを、そして天候システム、その他様々なものを経験する。世界は今までにないほど生き生きとしているだろう。
    • バックグラウンドで子供がテンノのヒーローを真似て遊ぶ
    • Ostron の身の毛もよだつような、間に合わせの腐食動物文明
    • Sentient 廃墟のさなかにある Spectral Sentient との呪われた神秘的な夜の時間

Warframe The Plains of Eidolon は 2017 年後半に登場! ぜひ 『Warframe』 の公式ウェブサイト www.warframe.com/ja を訪れてコミュニティに参加し、ゲームをダウンロードしてください。開発チームからの最新情報を見逃さないよう、Warframe の Facebook、Twitter、YouTube、Instagram アカウントのフォローもどうぞお忘れなく。

DIGITAL EXTREMES について

James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『Unreal Tournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3 向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness® II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し、PC、PS4™、Xbox One では 3000 万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremes に関する詳細については、www.digitalextremes.com にアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/ja にアクセスしてください。

情報元:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその119
「4コマ:このババア」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.