古代エジプトが舞台となる「Assassin’s Creed Origins」はフォトモードを搭載、ローンチ後に導入されるコンテンツの話題も

2017年10月10日 18:48 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Assassin’s Creed Origins」

昨日、日本語版のディスカバリーモード対応がアナウンスされた期待作「Assassin’s Creed Origins」(アサシン クリード オリジンズ)ですが、新たに開発を率いるディレクターAshraf Ismail氏がファンの質問に応じ、本作のフォトモード対応を明らかにしました。

今のところ、フォトモードのディテールや実装時期に関する詳細は不明ながら、海外ではローンチ後に実装される無料コンテンツをまとめた出自不明のイメージが流出しており、この一部にフォトモードの記載が確認できるほか、先だって公開されたプロモーション映像にちらりと姿を見せていた巨大な神との戦いに関するコンテンツの存在が浮上しています。

「Assassin’s Creed Origins」
新たに登場した出自不明のローンチ後コンテンツ一覧
  • フォトモード:美しいエジプトをゲーム内から直接撮影・シェア可能。
  • Nomad’s Bazaar:世界を探索し謎に満ちたリワードを得るデイリークエスト。(公式未発表ながら、ハンズオンプレビュービルドにストアとチェストを含む存在が確認済み)
  • Trials of The Gods:巨大なエジプトの神と戦うハードコアなチャレンジコンテンツ。定期的に導入予定。
  • Discover Tour:既にアナウンス済みの博物館モード。日本語版向けの対応も決定済み。
  • Horde Mode:Wave形式のアリーナ。既にアナウンス済みの闘技場との違いについては不明。
フォトモードの実装を予告したAshraf Ismail氏
“Assassin’s Creed Origins”は複数セーブに対応

「Assassin’s Creed Origins」のLootチェスト導入が判明

「Assassin’s Creed Origins」
プレビュービルドに登場した“Nomad’s Bazaar”とHeka Chest

前述した未発表のローンチ後コンテンツには、“Nomad’s Bazaar”と呼ばれる要素が記載されていますが、こちらはEurogamerのハンズオンプレビューにてその存在が確認されており、幾つかの場所で出会う遊牧民のバザーが“Heka Chest”と呼ばれるLootチェストを販売することが判明しています。

ランダムな武器もしくは盾が得られる“Heka Chest”は、いわゆる有料箱ではなく、通常のプレイで得られるインゲーム通貨で購入可能なブラインドボックスで、Ashraf Ismail氏によると、この箱はゲーム内でゴールドを貯め込むプレイヤー向けに用意したRPG的要素の1つとのこと。

Nomad’s Bazaarの商人“Heda”は、クラフトに用いる最もレアな素材“Carbon Crystal”を販売するレアなベンダーで、Ashraf Ismail氏は“Heka Chest”から得られるアイテムが、全て通常のプレイを通じて入手可能だと説明しています。

情報元及びイメージ:Eurogamer, GearNuke

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.